焼津市 産後太り

焼津市 産後太り

2015-01-11

「産後太り」を骨盤矯正で解消
本来は「逆三角形」のような形である骨盤に対して、出産後の骨盤は妊娠・出産時に分泌される「リラキシン」と言うホルモンの影響で下の方が緩んだままで、イメージで言うと「台形」のような形になっています。
これは、赤ちゃんが生まれるために必要不可欠な自然の働きで、本来なら産後にホルモンの分泌が終われば自然に元に戻るものです。
しかし、時代の変化で最近の女性は歩く機会が減っていて、ひと昔前と比較して足腰や骨盤周りの筋肉の働きが弱まっています。
その為に、骨盤が上手く元に戻らず緩んだままの状態になって歪んでしまうことが多いのです。
この状態が続いてしまうと体が内臓を守るために皮下脂肪を蓄えてしまって、胃や腸などの内臓が骨盤の内部に落ち込んでしまったりします。
それにより骨盤周りの筋肉や靭帯の状態が余計に元に戻りにくくなって、下腹部がポッコリ出た状態などを招いてしまうのです。
ですから、そのように「産後太り」に悩んでいる方は、その原因や解消方法を知っておくと役立つことでしょう。
また、単にスタイル的な問題だけでなくて、腰痛・股関節痛・恥骨痛・冷え・むくみ・肩こり・O脚・ひざ痛・婦人科系の症状なども起こってしまいます。
解消方法を知っておくと、それらの症状の改善にもつながるかも知れません。
「産後太り」の原因ですが、まず1つ目は先に触れた「骨盤の開き」によるもので、開いた骨盤が元に戻らない状態になって骨盤まわりに脂肪がついて落ちにくくなることです。
2つ目は妊娠により「腹部の表面積が大きくなる」ことで、必然的に脂肪が増えてしまい出産後に脂肪だけが残ってしまうことです。
3つ目は筋力の低下で「筋肉が脂肪に変わる」ことです。
4つ目は「基礎代謝力の低下」で、どうしても運動不足になりやすいため筋肉量が低下して、それにより代謝効率も低下してしまうことです。
このような原因で起こる「産後太り」を解消するためには、何と言っても「産後の骨盤矯正」が第一で、最大の原因となる骨盤の開きや歪みを放置しないで改善することです。
産後の骨盤矯正で開いた骨盤を締めて歪みを整えることで、筋肉にアプローチし下半身の筋肉が正しく使えるよう調整できて、代謝効率がアップして消費カロリーも増えるのです。
次に、悪い姿勢や悪い生活習慣により骨盤が歪むので、産後もこのような姿勢では体型が改善されないので、正しい姿勢や正しい生活習慣を心がけることも大事です。
正しい授乳の姿勢や椅子に腰かけて足を組まないなど、ちょっとした点を意識すると良いでしょう。
あと簡単な運動から習慣にして関節の歪みをリセットさせる「産後のエクササイズ」や「骨盤矯正体操」などもおすすめですし、骨盤ベルトで軟らかい状態の骨盤を安定させるのも対策になります。
このように、いろいろな対策もあるので試してみるのも良いですが、何と言っても基本は骨盤を正しい状態にすることで、骨盤を矯正することが全ての改善につながります。
その点を認識して産後の体型や症状を改善していきましょう。
焼津市 産後太りなら藤接骨院にお任せください。


お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME