焼津市 産後の目の疲れ

焼津市 産後の目の疲れ

2014-12-29

「産後の目の疲れ」を改善するためにも骨盤矯正を
近年、電子機器・パソコンやタブレット・携帯やスマートフォン・電子書籍・各種ゲーム機器などの普及に伴う生活習慣及び職場環境の変化で、目の疲れや眼精疲労に悩む方が増えています。
このような目の疲れに一番良い対処法は「蒸しタオル法」で、蒸しタオルを疲れている目の上に直接当ててみる方法です。
また、人は目の使い方にも癖があって両目を均等に使用していないために、左右の疲れ具合に差があるから両目をいっぺんにやるのでなくて片目ずつ試してみるのも良いでしょう。
左右同じように緩めても左右差はなくならないので、疲れている方を緩めて疲れ具合を均等にすることも意識すると良いかも知れません。
あと知っている方は少ないかも知れませんが、昔は「産後の針仕事は目を潰す」と言われていたのです。
ご存知のように産後すぐは骨盤が緩んで開いたままの状態で筋肉の弾力が戻っていません。
骨盤は背骨や頭の骨と連動しているので、そのような状態で目を酷使すると目への負担が大きいために言われていたことです。
また、目が疲れやすいと言う女性は、骨盤の弾力性が低下している場合が多くて、このように目と骨盤は深い関係があるのです。
実は、体の土台になる骨盤に弾力があると肩や頭の上部がリラックスしやすくて、余分なエネルギーを使わないために疲れにくくなります。
逆に骨盤が歪んでいる人は目を使う場合に肩から上だけで頑張ってしまうために目への負担が大きくなってしまいます。
また、目の疲れや眼精疲労は単に「目」だけの問題だけではなくて、目の疲れから順々に全身へ影響が拡大していき全身に影響する症状が出やすくなるので注意が必要です。
特に産後は出産による疲労や育児での睡眠不足などで目が疲れやすいので、「産後の目の疲れ」は体のSOSサインと考えて早めに対処するように心がけましょう。
また骨盤が歪んていると、眠りが浅くなる・眠れない・気分が落ち着かずイライラする・婦人科系の疾患に結び付きやすい・自律神経が不安定になりやすい・むくみやたるみが気になる・腰痛が慢性化しやすいなどにつながります。
たかが「産後の目の疲れ」と簡単に考えないで、根本的な要因となる骨盤の歪みを改善することが大切です。
出産時に赤ちゃんが狭い骨盤をスムーズに通るために、骨盤の靭帯を緩ませる「リラキシン」と言うホルモンが分泌されます。
このホルモンの作用により関節を支える靭帯が緩むと関節を支えようと周囲にある筋肉群が緊張して、体の土台となる骨盤帯が不安定になって産後に固定されることで屋台骨となる脊柱をはじめ全身の歪みに繋がります。
しかし逆に考えると産後はリラキシンの影響が残っていて骨盤を矯正しやすい時期でもあるのです。
ですから、産後は骨盤が整えやすい時期と言えて、体を整え体質を改善し健康で美しいスタイルをつくる絶好のチャンスでもあります。
「産後の目の疲れ」を改善することをはじめ、様々な面からも産後の骨盤矯正は必要不可欠と言えるかも知れません。
焼津市 産後の目の疲れなら藤接骨院にお任せください。


お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME