焼津市 産後うつ

焼津市 産後うつ

2014-12-25

「産後うつ」の初期症状と予防にいて
出産は想像をはるかに超えるほど体力を消耗するもので、妊娠・出産で負担をかけた骨盤の矯正と共にその疲労を摂ることも重要です。
もし、疲労を残したままで無理をして赤ちゃんのお世話に入ると、慢性的な腰痛や骨盤周辺の不快な症状、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れによる自律神経失調症・産後うつ・若年性更年期などになってしまう可能性があります。
せっかく赤ちゃんの誕生と言う幸せが訪れたのに、がんばり過ぎて産後うつなどになってしまったら悲しいです。
ですから整体で骨盤を整えると共に全身のバランスを整えて、これらの症状が起こらないように心がけましょう。
また、ご主人をはじめ周囲の人が見抜き方や注意しないといけないことを知っておくことも大切です。
「どんな初期症状があるか?」「どうすれば予防できるか?」を理解しておくことで、早期発見・早期治療をすることができます。
産後に「気分が沈んでいる」「夜に眠れない」「常に不安感を抱いている」「周囲に興味を向けられない」「常に緊張状態」「集中できない」「強い罪悪感を抱いている」「自分を責める」と言った状況が起こることがあります。
数週間で解消する場合は一過性のものなので心配ありませんが、2週間以上続く場合や悪化傾向が見られる場合には「産後うつ」の可能性があるので注意しましょう。
予防のために注意すべきことは、「赤ちゃんが主役の会話はできる限り避ける」ことです。
当然の感情でしょうが、どうしても赤ちゃんばかりに目がいきがちになってしまいます。
しかし、まずは大変な出産を終えた奥さんの健康に気を配ることも大切なことで、きちんと気遣ってあげるように心がけましょう。
不思議に感じるかも知れませんが2つ目は、「がんばってと励まさない」ことです。
実は症状が起こりやすい人の特徴として、責任感が強い・完璧主義・真面目などがあって、パーフェクトにしなくてはとがんばり過ぎたり、少しでもできないと自分を責めたりしてしまうのです。
ですから、励まさないことで気持ちが楽になることも知っておくと良いでしょう。
3つ目は「話を聞き流すようなことはしない」です。
赤ちゃんのお世話に奮闘するお母さんは、どうしても社会から取り残されているような孤立を感じてしまいます。
話したいことがたくさんありますし、話すことでストレス発散になるので、我慢強くしっかりと聞いてあげる優しさが大切です。
あと「夫婦二人だけの時と同じ言動は避ける」「自分の都合で張り切り過ぎない」と言ったことも予防のために注意すべきことです。
このように家事・育児がお互いの負担にならないようにできることが大事で、生活の中で十分なコミュニケーションをはかることが何よりも大切なことです。
がんばっていることを気遣う・ねぎらいの言葉をかける・がんばらせない環境を作ってあげることが大切と知っておきましょう。
あと、整体で体のバランスを整えることも大切なポイントと認識しておきましょう。
焼津市 産後うつなら藤接骨院にお任せください。


お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME