静岡市葵区 椎間板ヘルニアには冷湿布か温湿布か?

静岡市葵区 椎間板ヘルニアには冷湿布か温湿布か?

椎間板ヘルニアは腰の痛みと共にしびれを伴う症状があります。


これは、腰椎椎間板が突き出てしまい、末梢神経や脊髄中枢神経が圧迫されることにより起こる症状です。


悪化すると、歩行困難や睡眠困難などになり、手術が必要な場合もあります。

l_133.jpg
ただ、日常生活においてそこまで支障が無い場合には、湿布や鎮痛剤の服用や安静にしていることで治療することも可能です。


椎間板ヘルニアの際に使用する湿布の種類は、その症状や状態によって異なります。

例えば、急性の痛みや患部に炎症がある場合には、冷湿布を使用する必要があります。


ただ、慢性の痛みの場合には温湿布のほうが効果的です。

また、炎症している際には患部を温めてしまうことで血行が促進され、痛みを増長させてしまうこともあります。

そのため、椎間板ヘルニアの際には自分の症状や痛み、患部の状態を見て、使用する湿布の種類を変えた方が良いとされます。


椎間板ヘルニアによって起こるしびれなどは湿布だけでは改善されないので、注意が必要です。


どうしても気になる場合には、かかりつけの医師などに相談してから使用するようにしましょう。


また、痛みや不快感、しびれが引かない場合には手術が必要となることもあります。

ほかにも、マッサージや鍼治療のような理学療法、飲み薬や注射といった投薬治療、さらには牽引治療などの方法があります。


自分だけの判断に頼らず、医師や専門家に相談し、様子を見ていくことが治療の際には重要なことだと言えます。

静岡県内3院の藤接骨院では、
初期の疼痛緩和の特別施術
中期の筋肉の柔軟性アップ
後期の筋力アップまで
複合的に患者様の状態に合わせ、施術をしていきます。

もしも不安なことがありましたら
遠慮なくご相談ください。
電話番号はこちら:054−266−3255

交通事故施術実績151件(平成14年の1年間)
静岡県内に3院展開中の藤接骨院グループ
患者様の多くは地元である静岡市葵区、焼津市、藤枝市、牧之原市からいらっしゃいます。


交通事故のむちうちの後遺症を無くす!
「結果にコミットした疼痛緩和施術」
地元に密着した藤接骨院グループ


〒420-0011 静岡県静岡市葵区安西3丁目20  藤接骨院 静岡安西院
〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1−7  藤接骨院 焼津小川院
〒421-0304 静岡県榛原郡吉田町神戸126−6 藤接骨院 吉田院


お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME