静岡市葵区安西  頚椎症と頚椎椎間板ヘルニア

静岡市葵区安西  頚椎症と頚椎椎間板ヘルニア

同じような症状が起こる頚椎症と頚椎椎間板ヘルニアは違う 人間の首には7つの椎骨があって、その骨と骨との間にはクッションの役割をしている椎間板というのがあって、その椎間板が何らかの要因によって飛び出ることを椎間板ヘルニアと言います。 腰痛の原因として有名なのが腰椎椎間板ヘルニアで、それと同様に多いのが首や肩の痛みの原因となる頚椎椎間板ヘルニアです。 これと同じような症状が起こる頚椎症という疾患もあるのですが、頚椎症は加齢による骨の変化で肩の痛みや両手のしびれなどの症状が起こるもので別です。 実は、60歳以上の方でレントゲン検査すると4人に1人くらいは症状がなくても骨が変化がレントゲン写真上にみられるのです。 その中でどの程度の人に症状が発生するかはわかっていませんが、加齢に伴い起こる骨の変化が頚椎症で、20~30代の若い世代に比較的多くみられるのが頚椎椎間板ヘルニアです。 このように2つの疾患は違いがあるのです。 発症した際の症状は、飛び出した椎間板が脊髄自体をどの程度圧迫しているか、またどの神経や神経根を圧迫しているかによって違ってきます。 脊髄の圧迫の程度が軽い時の代表的な症状としては、首の後ろ・肩・腕の痛みやしびれで、少なくとも日常生活は送ることが可能という点で軽症と言えます。 また圧迫される神経の場所により、片側の腕だけにしびれがでたり、片側の肩だけが痛くなったりすることがあります。 神経に対する圧迫が強くなると手足の動きが悪くなって麻痺のような重い症状に進行することも考えられます。 また、最も酷い症状は鉄棒から落ちたり自転車から落ちたりして、突然脊髄損傷の状態となった時で、この場合には両手両足が全く動かなくなってしまいます。 頚椎椎間板ヘルニアの症状がみられる場合に、整形外科と脳神経外科のどちらを受診したら良いのかで迷うケースもあります。 日本では脊椎については整形外科の分野で、そのため椎間板の病気に関しても整形外科で治療を実施してきました。 しかし、欧米では椎間板ヘルニアは神経系の病気という考えから脳神経外科で治療することが一般的で、特に脳神経の手術で顕微鏡を用いて行うことで、椎間板ヘルニアなども肉眼でなく顕微鏡を使用して手術するのです。 こうした影響もあるのか、近年日本でも脳神経外科医が椎間板ヘルニアの手術を行うことが注目されてきていて、脳神経外科専門医でかつ脊髄外科の指導医・専門医となっている方も多くなっています。 その為、最近では脊椎や脊髄の手術は脳神経外科と整形外科どちらでも実施できるので、脊椎や脊髄の手術に力を入れて行っている病院なら脳神経外科・整形外科のどちらでも大丈夫です。 頚椎椎間板ヘルニアの治療法は症状により違いますが、症状が軽い場合やしびれ・痛みなどの感覚障害だけの時には、頚椎カラーという首に巻く装具をつけて首の安静をして、消炎鎮痛剤やビタミン剤の内服を使用します。 また専用の機械で軽く首を引っ張りあげる牽引療法なども行われ、こうした保存的治療で約3~4ヶ月程度様子をみます。 しかし、手足が動かなくなるような運動麻痺が起こっている場合は基本的に手術を選択します。 静岡市葵区安西  頚椎症と頚椎椎間板ヘルニアなら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME