静岡市葵区安西  スマートフォンと首こり

静岡市葵区安西  スマートフォンと首こり

スマートフォンの利用が首こりの原因に? スマートフォンの利用者が増加したことから、肩こりを訴える人が増えていると言われています。 これはスマホの使い方が原因と考えられているのですが、従来の肩こりとは違った筋肉が疲労している場合があると考えられます。 今までの肩こりは、肩から背中にかけて広がっている僧帽筋のこわばりが主な原因だといわれています。 しかし、スマホを見続けることでこわばるのは、首の横から前にかけた部分にある前斜角筋と小胸筋で首の後ろ側の問題と考えられます。 この前斜角筋と小胸筋は僧帽筋と比較して、筋肉も硬く伸びにくいため筋肉を長時間使用すると硬く固まったままになるのです。 このことから、肩こりではなく首こりという指摘もあります。 ちなみに、首の鎖骨の上のあたりを押して痛みがあるのなら前斜角筋に負担がかかっていますし、スマホをよく持つ腕の肩が前に出ていたら小胸筋が収縮しているのです。 従来の僧帽筋が収縮した肩こりなら肩を大きく回すことで、僧帽筋の血流が良くなってこりが解消することができます。 しかし、前斜角筋と小胸筋が関係する首こりの場合は、同じ対処法ではこりは解消しないのです。 前斜角筋が収縮している場合には、こめかみに手を当て首を真横に倒すようにすると収縮した前斜角筋が伸ばせます。 一方、小胸筋が収縮している場合には、肩が前に出ないように反対側の手で押さえて腕を前後に振ると伸ばすことができます。 ただスマホを操作している時には、自分でも気づかないまま前斜角筋と小胸筋に負担をかける不自然な姿勢を長時間続けていることになります。 また、極端ではなくても首に負担をかける姿勢でスマホを操作している人は少なくないのです。 このようなことを回避するためには、低い位置でみることが多いスマホと認識して、できるだけ高い位置でスマホを見ることが必要で、できることなら目の高さが望ましいです。 また長時間操作し続けないことも重要で、同じ姿勢を10分間続けていると筋肉の血行が悪くなり酸素濃度が低下してくることを知っておく必要があります。 ですから、筋肉の血行が悪くなることを防ぐためにも、同じ姿勢をとり続けないことが重要と理解しておくことです。 その為にも、スマホから視線をそらして首の筋肉を定期的に動かす、背筋を伸ばした姿勢で15秒立つなどをすると良いです。 そうすれば気分転換になりますし、固まった筋肉をほぐす効果にもつながります。 それから、こうしたスマホによる首こりに悩まされるのは、男性より女性のほうが多いと言われています。 それは女性の方が男性よりも首から肩にかけての筋肉量が少ないために、首にかかる負担が大きくなってしまうからです。 また小さな画面だと表示する文字が小さくなるので、画面に近づけようとして不自然な姿勢になることも影響していると考えられます。 ですから、基本的に画面が大きいほうが望ましいのですが、画面が大きくなるとスマホのサイズも大きくなって、女性にとっては握りにくいですし腕への負担も増えてしまいます。 その為、画面の大きさだけではなくて、持ちやすいサイズのスマホを選ぶことも重要です。 静岡市葵区安西  スマートフォンと首こりなら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME