静岡市葵区安西 椎間板ヘルニアの手術

静岡市葵区安西 椎間板ヘルニアの手術

椎間板ヘルニアだからすぐに手術と考えないこと 腰椎の間でクッションの役割をしている椎間板が変形して飛び出し、それが神経を圧迫する病態を腰椎椎間板ヘルニアと言います。 腰・臀部・下肢にかけて痛みが発生したりしびれが起こったりすることから、日本人の10人に1人が悩んでいる腰痛の主犯格と考えられてきました。 しかし、腰痛の実に85%は原因不明といわれていて、残り15%のうちヘルニアが原因と特定できるのは、実にわずか5%程度に過ぎないのです。 また画像診断でヘルニアが確認されたとしても、全てが症状に結びつくとは限らないですし、長い間無症状でヘルニア塊自然消滅や縮小するケースも少なくないのです。 ヘルニアと言うとすぐに手術と考えてしまいがちですが、実際は手術を必要とする病的なヘルニアはごく少数なのです。 ただ、腰痛を引き起こしたり様々な症状につながったりすることは確かなので、発症する原因や治療法について知っておくことも必要です。 椎体と椎体の間にある椎間板は、大きく分けて髄核と繊維輪から構成されていて、髄核は水分を豊富に含むゲル状の組織で椎間板の中央にあります。 その髄核をドーナツ状に囲んでいるのが繊維輪で、コラーゲンを豊富に含む強固な組織です。 なぜ椎間板ヘルニアが起こるのかというと、20歳を過ぎる頃から椎間板は、髄核の水分量が減少するなどの加齢変化が生じて、その椎間板の変性が原因のひとつと考えられます。 体を支える椎間板には日常生活でも常に負荷がかかっている状態で、特に屈んでものを持つ動作では腰の椎間板に大きな負荷がかかるのです。 このような負荷によって椎間板の線維輪に小さな亀裂が発生して、中央にある髄核が飛び出してしまうのです。 20歳から40歳代の男性に好発して、腰にかかる負荷が大きい重労働や長時間の車の運転などが病気の発生に関連していることからも、椎間板の変性が原因になっていることが理解できます。 もうひとつの原因として考えられるのは遺伝的背景によるもので、特に年齢の若い患者においては遺伝的背景が大きく関与しています。 ただ遺伝的背景に関しては、まだ不明な点もあるので今後の研究により詳細が解明されると考えられます。 腰椎椎間板ヘルニアと診断された後の治療としては、消炎鎮痛薬を使用した痛みに対する治療や骨盤にベルトをかけて引っ張るけん引療法、患部の筋肉の緊張を緩和する温熱療法などの保存療法があります。 こうした保存療法を3ヶ月間程度試みた後に症状が改善されない時や、患者の強い要望があった場合には手術療法が検討されます。 つまり、先にも述べましたがすぐに手術と考える必要はなくて、まずは保存療法で経過を見ることも大切なのです。 また、近年筋骨格系の痛みを筋肉の緊張亢進という視点から根本的に見直そうという考え方もあって、筋肉の緊張を詳しく診察することからアプローチする治療方法の開発研究も進んでいます。 ヘルニアだからすぐに手術と考えないで、まずは様々な保存療法を試みてみることも必要なことです。 静岡市葵区安西 椎間板ヘルニアの手術なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME