静岡市葵区安西 産後の便秘

静岡市葵区安西 産後の便秘

産後のトラブルの中でも多いのが便秘 妊娠・出産を経て赤ちゃんと対面できたことは何よりも嬉しいことですが、妊娠・出産で負担がかかったことや慣れない育児に奮闘することで様々なトラブルを招いてしまうものです。 そんなトラブルの中でも多くの方が悩まされるのが産後の便秘で、どのような原因で起こるのか、どのような解消法があるのかを知っておくと役立ちます。 原因として考えられることにはいろいろとありますが、そのひとつが筋力の低下です。 胎児の成長に伴いお腹が大きくなると、どうしても運動ができなくなってきて筋力が低下してしまい排便に必要な筋肉も衰えてしまいます。 また、出産時に肛門括約筋という筋肉にダメージを与えてしまい機能が弱まることも排便に影響してしまいます。 それから出産時の会陰切開の傷口や帝王切開の切開した部分が気になることや痛くて下腹部に力を入れられないなど、出産の後遺症により便意があって排便することができないことも影響してしまいます。 母乳育児をしているお母さんは、意識的に水分を多く摂取しないと水分不足になって便が固くなったり、腸内の滑りが悪くなったりしてしまいます。 また、赤ちゃんのお世話で生活リズムが乱れがちで、睡眠不足や慣れない育児によるストレスなど、生活環境の変化で自律神経を乱してしまうことがあります。 その結果、腸が正常に働かなくなって排便が正常にできなくなってしまうこともあります。 このように産後の便秘や悪化させてしまう原因には、いろいろなことがあるのです。 このような辛い症状を解消する方法のひとつとしては水分を摂ることで、体内の水分不足を防ぐ為には母乳分を補う水分摂取が必要です。 一般的に母乳の量は600mlから1L程度と言われているので、ひとつの目安として1日2L程度の水分を摂る必要があります。 ただし、カフェイン・糖分・塩分の多い飲み物は避けて、水かノンカフェイン・ノンカロリーのお茶を摂取することです。 また水分を多く含んだ野菜を摂取することも良いことです。 母乳のためにも腸内環境を改善するためにも、低カロリー・高たんぱく・食物繊維の多い和食が良いといわれます。 このように食生活を見直すことも解消法のひとつになります。 また運動することも大切で、緩んだ骨盤と筋肉を引き締めにもつながるので一石二鳥の効果が期待できます。 それから排便リズムを整えることも大事で、赤ちゃんが気になるかも知れませんが、できる限り決まった時間にトイレに入る習慣をつけることです。 先にも触れましたが肛門括約筋が傷ついていると便意があっても正常に排便できませんし、痔の症状がある場合も同様に排便に支障があります。 このような症状は自然に治ることはないので、産婦人科など病院を受診して治療する必要があります。 とにかく産後の便秘を引き起こす原因で当てはまることを、ひとつひとつ解消していくことが何よりも改善する近道になります。 赤ちゃんのお世話で大変な状況かも知れませんが、解消方法を意識して実践してみることです。 静岡市葵区安西 産後の便秘なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME