静岡市葵区安西 自律神経失調症

静岡市葵区安西 自律神経失調症

自律神経失調症について深く理解しておくことも大事 自律神経は心臓を動かしたり、汗をかいたりなど自分自身の力でコントロールできない自動で働く神経です。 この自律神経には、活動する神経の交感神経と、休息する神経の副交感神経があって、自動的に切りかわり働く仕組みになっています。 精神的な変化による身体反応の精神の調整、外部刺激から体を一定の状態に保つ神経の調整、内分泌の調整、病気予防や治癒の免疫の調整などがあります。 この体を働かせる自律神経のバランスが何らかの要因で乱れることで起こる様々な体の不調を「自律神経失調症」と言います。 ただし、明確な内臓や器官の病変に関連している症状でないために、病院を受診して検査をしても「異常なし」と言われてしまうことが多いです。 また残念なことに検査で異常がない場合、安易に自律神経失調症と片づけられてしまうケース少なくないようで、重大な病気を見逃す可能性もあることを本人や周囲の人は知っておく必要があります。 どのような原因で起こるのかというと、一人ひとり症状が違うのと同様に原因も一人ひとり違いがありますし、様々な原因が複雑にからみあっていることが多いです。 1つ目は夜更かし・夜型人間・子供時代からの不規則な生活習慣などの生活リズムの乱れがあります。 2つ目は社会的ストレス・人間関係・精神的ストレス・環境の変化など過剰なストレスがあります。 3つ目はすぐ吐く・下痢しやすい・環境がかわると眠れないなど自律神経が過敏な人がいて、様々なストレスに弱い体質というのもあります。 同様に4つ目としてはストレスに弱い性格もあります。 5つ目は環境の変化で、様々な面における適応能力が衰えやすく、社会環境の変化などに不適応や過剰適応が増えていることも考えられます。 6つ目は女性ホルモンの影響で、ホルモンバランスの変化が影響します。 またいろいろなタイプもあって、生まれつき自律神経の働きが乱れやすいタイプを本態性型、心理的なことが要因になるタイプを神経症型と言います。 それから日常生活のストレスを無理に抑えるタイプを心身症型、ストレスの慢性的な蓄積などによるうつ反応タイプを抑うつ型と言います。 このように様々な原因や症状、タイプなどがあるので治療の仕方にも違いがあるのですが、基本的には心身両面に働きかける治療と生活環境を整えることが必要です。 具体的な治療方法としては、自律訓練法などによるセルフコントロール・薬物療法・カウンセリングなどによる心理療法があります。 また、音楽療法やアロマテラピーなど五感に働きかける治療法や自己管理によるライフスタイルの見直しなどもあります。 それから指圧・マッサージ・整体・鍼灸・ストレッチなど、東洋医学に基づいた理学療法もあります。 どの治療法が適していのかは原因・症状・タイプで違うので、一概に判断できることではありません。 まずは医師の診察を受けで相談し適切な治療を選択して実行することが自律神経失調症の早期改善の近道になります。 静岡市葵区安西 自律神経失調症なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME