静岡市葵区安西 ばね指の早期治療

静岡市葵区安西 ばね指の早期治療

バネ現象などが出現するばね指は早めの治療が大事 ばね指は、手先をよく使用する仕事をしている方に見受けられる症状で、男性・女性共に発症します。 ただ、傾向としては妊娠中や産後、更年期を迎えた女性に発症しやすいといわれていて、とにかく女性に多くみられる傾向にある病気のひとつです。 指を曲げて伸ばそうとすると指がバネの様になってスムーズに伸びなくなったり、酷い時には指が曲がったままになって反対の手で戻さないと伸びなったりするのです。 しかも、曲がった指が元に戻る時に痛みが伴うのです。 発症した時の主な症状は先にも触れましたが、指の曲げ伸ばしに引っかかりがある、曲げようとするとカクンとした衝撃があるなどです。 また、指を伸ばそうとするとバネが弾けたように勢いよく伸びる「バネ現象」が出現したり、指の付け根部分に腫れや痛みが起こったりします。 それから症状が進行すると指が一定の角度で曲がったまま伸びなくなって、もう片方の手で動かさなければならなくなります。 酷い場合は関節が固くなり拘縮がみられることがあるので、発症したらそのまま放置しないで、適切な治療を早めに受けることを心がけることです。 発症する主な原因は、指の屈筋腱の腱鞘炎で引き起こされると考えられています。 指の屈筋腱は滑膜性腱鞘で保護されていて、靭帯性腱鞘というトンネル状の腱鞘の中を滑膜性腱鞘がスムーズに通ることによって指がスムーズに動いています。 しかし、手先を酷使すると腱鞘部分の摩擦が強くなって炎症が発生してしまい、そうすると腱鞘が厚くなりトンネルの中をスムーズに通れなくなって、カックンと引っかかりを感じるようになります。 その結果、指を曲げたり伸ばしたりする動作でバネのような反動が発生したり、一定以上動かなくなったりしてしまうのです。 指の屈筋腱の腱鞘炎を起こす原因は指の使い過ぎで、仕事や家事などで指を酷使してしまう方が発症しやすいといわれています。 また先にも触れましたが、女性の場合は出産後や閉経後などによるホルモンバランスの乱れで発症しやすいですし、関節リウマチ・糖尿病・透析をされている方などの病気の方にも多くみられます。 ばね指の治療方法としては、大まかに分けて保存療法と手術療法の2種類があって、基本的には保存療法を選択することが多いです。 主な保存療法は、局所の安静や非ステロイド系抗炎症剤の投薬、温熱療法などの物理療法、レーザー治療、ステロイド注射などです。 ただし、こうした保存療法で症状が改善されない場合や再発をくりかえす時には、手術による治療も検討されます。 手術の方法としては、主に腱鞘切開手術と内視鏡手術の2種類があって、腱鞘切開手術は患部を直接見て状態を確認しながら手術します。 その為に、手術中腱鞘付近の動脈や神経を傷つけるリスクが少なく、炎症部分の状態や合併症の有無の確認しやすいというメリットがあります。 一方の内視鏡手術は、傷口が小さく短時間で済むので体への負担が少ないというメリットがあります。 それから、このような病院での治療以外にも、整体や整骨院での治療もあるので検討してみると良いです。 静岡市葵区安西 ばね指の早期治療なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME