静岡市葵区安西 ゴルフ腰痛の原因と対策

静岡市葵区安西 ゴルフ腰痛の原因と対策

ゴルフ腰痛の原因と対策をしてプレーを楽しむ ゴルフで腰が痛くなったという経験をした方も少なくないです。 そこで、今後も好きなゴルフを楽しむために、なぜ腰が痛くなるのか、腰が痛くならないようにするにはどうすれば良いのかなどを、知っておくと参考として役立ちます。 なぜゴルフ腰痛になるのかというと、ゴルフは非対称性なスポーツというのが原因のひとつとして考えられます。 ゴルフのスイング動作は右利きなら右から左へ体を急激に捻じるといったことを繰り返すので、同じ筋肉ばかり酷使して体のバランスが崩れてしまいます。 その為に、右利きのゴルファーは左側の脊柱起立筋や殿部の筋肉が縮んで、左右の筋肉のバランスが崩れ骨盤や腰椎の歪みにつながり、左右どちらか片方だけの腰痛を引き起こすのです。 2つ目の原因としては準備体操不足というのが考えられます。 本当は練習やラウンド前にしっかりと全身の筋肉を緩めることが必要なのに、固くなったままでフルスイングする人が多いです。 その結果、筋肉は傷つけられて炎症を起こし腰の痛みとなって現れるのです。 特に冬の寒い時期は体が固くなっているので要注意です。 3つ目の原因として考えられることは、ラウンド中カートに乗ってあまり歩かないことがあります。 例えば、野球場合はバッティングで腰を回転させたとしても、走塁や守備で全身の筋肉を使うので偏って使用された筋肉のバランスを修正できるのです。 しかし、ゴルフはティーショット後すぐにカートに乗って、2打目も同様の行動をして全身の筋肉を使うことが少ないです。 その為、バランスが修正されることなく崩れたままになってしまうことで腰痛を起こしてしまうのです。 4つ目の原因として考えられることは、長時間の運転です。 車の運転はただでさえ腰に負担をかけてしまうのに、ゴルフ場に行くため1時間以上も運転や同乗していることも少なくないです。 それにより腰の筋肉も血流が悪くなり縮こまっているのに、その状態であまり準備体操もせずラウンドに臨むと腰に痛みが起こるのです。 どうすればゴルフ腰痛にならないのかというと、左右対称性やバランスを意識して反対に素振りをすることです。 そうすると偏って使用している筋肉を修正して、バランスを戻してくれるので体のケアや腰痛予防につながります。 それから体操やストレッチをして筋肉が温まってからフルスイングするように心がけることです。 それと共に腰を温めることも大切なことで、特に冬のゴルフは冷えるのでカイロを腰に貼って冷やさないようにすることです。 腰が冷えると腰の痛みが起こるというのを認識して、しっかり防寒対策をして足腰を冷やさないようにすることが大事です。 体の捻じれや歪みが大きくなっていることや、軽度の脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアといった骨に異常があることで腰痛が起こっている可能性も考えられます。 このようなケースは痛みも大きいので、まずゴルフをストップしてしっかりと体の歪みを改善することが必要です。 整形外科や整体・整骨院などでしっかりと筋肉と骨格の調整をすることです。 静岡市葵区安西 ゴルフ腰痛の原因と対策なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME