静岡市葵区安西 AKA腰痛療法について

静岡市葵区安西 AKA腰痛療法について

腰痛改善に効果的と言われるAKA腰痛療法 AKA療法は「ArthroKinematic Approach」を略したもので、日本語で表現すると「関節運動学的アプローチ」という意味になります。 その名が示す通りに関節運動学に基づいて、関節の遊び・関節面の滑り・回転や回旋などの関節包内運動の異常を治療するもので、博田節夫先生により開発された治療法です。 ただ小さなズレを探して改善するには高度な技術が必要で、日本AKA医学会の研修や認定を受けた医師だけが専門医として実践できるようになっています。 それから原因が判断できないといわれている約90%もの腰痛を改善する効果があると言われているので、AKA腰痛療法とも言えます。 腰痛の多くは原因が分からないと言われているのですが、では一体腰痛はどこから起こっているのが疑問に感じます。 実は、関節にわずかな不適合があることで起こると考えられていて、このわずかな不適合が起きる可能性のある場所が、骨盤の後方にある関節の仙腸関節です。 それから、もうひとつ背骨の後方にある関節の椎間関節も関係しています。 腰痛を発症すると腰を前後左右に動かすことが困難になりますが、どこが動かなくなっているかというと仙腸関節が主体で椎間関節は極僅かであることがわかります。 ただ、この仙腸関節というのは椎間関節と違って、それを動かす筋肉がついていないので、不適合を発生すると関節自体が自ら動かして治すことはできないのです。 そのことから仙腸関節が正常に動くようになれば腰痛が治療できるのではないかと考えられ、先に触れた関節運動学を応用したAKA腰痛療法により関節の動きをよくするのです。 では、どうして現在まで腰痛の原因として仙腸関節が関係していることを知ることができなかったのかというと、仙腸関節というは動かない関節と信じられてきたからです。 そして動かない関節であるなら痛みを起こすことはないと考えられてきたのです。 しかし、自分の骨盤を両手で触りながら腰を捻ったり、回したりすると仙腸関節が動くことはすぐにわかります。 ただ、死後硬直した仙腸関節は全く動くことはないので、解剖学では仙腸関節は動かないと信じられてきたのです。 このように関節の動きを改善するには痛みをある程度我慢しながら動かしていくという方法があります。 カイロプラクテックや整体、理学療法などによるリハビリテーションにおいての運動療法が、その考え方とも言えます。 しかし、関節運動学では関節の動きが悪くなると関節の遊びもなくなるということを発見したことにより、現代でも根強く残っている考え方とは全く別の視点なのです。 そして、そのことを逆手にとって関節の遊びを改善することにより、関節の動きを元に戻すというのが博田先生が考えた治療法なのです。 そして、実際に仙腸関節の隙間を広げたり、関節面同志を滑らせたりすることにより、動かなくなっていた仙腸関節の動きを元に戻して、腰痛による痛みを無くしているのです。 静岡市葵区安西 AKA腰痛療法について なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME