静岡市葵区安西 産後うつの予防・対策

静岡市葵区安西 産後うつの予防・対策

産後うつの予防・対策で重要なことは心の落ち着き 産後に何となく憂鬱な気分になってしまうマタニティーブルーは、産後の女性約3割から5割が経験する症状です。 突然何の理由もなく涙が出たり、些細なことでイライラしたり、気分が落ち込んでやる気が起こらなくなったり心が不安定な状態になります。 しかし、産後数日で気持ちの変化が起きて1ヶ月程度で回復する一過性の症状です。 ただ、このマタニティーブルーの症状が続くことで「産後うつ」になってしまうケースもあり、これは産後の女性1割が経験すると言われています。 産後2~3週間後に発症して数ヶ月~1年以上も回復しないケースもあって、それにより深刻なうつ病になってしまう可能性もあるので注意が必要となる症状です。 そして、「産後うつ」はマタニティーブルーと違って病気なのだという認識が必要です。 主な原因として考えられることは、妊娠中のホルモンバランスが妊娠前の状態に戻るためにホルモンバランスが大きく変化することと、慣れない育児など生活環境の変化による疲れと言われています。 これらの原因により自律神経に影響して症状が現れてくるのです。 それから注意したいことは、母親の症状が改善しても再発する可能性もあるので、長期的なフォローが必要という点です。 また、母親の症状が子供の精神的発達に少なからず影響を及ぼすことも考えられるので、子供のケアに対する配慮も必要なケースがあることも知っておくと良いです。 このように母親や子供に対して様々な影響のある病気ですから、そのようなことにならないよう何らかの対策を心がけることが大事です。 対策としては、責任感の強いがんばり屋タイプがなりやすいので、自分ひとりで全てを完璧にやろうとしないことです。 子育ては正解があってないようなものなので、慣れないお母さんは最初から完璧にできなくて当たり前と考えることです。 また家事の面も完璧にできなくても仕方のないことで、自分を責める必要はありません。 逆に、旦那さんに助けてもらったり、食品の宅配などを利用したり周囲のサポートを受けて少しずつ慣れていけば良いのです。 周囲に頼ることで発症率が5分の1になるとも言われているので、そのことを理解して対策することです。 睡眠時間を確保することも対策につながります。 睡眠不足は人の気持ちを不安定にしてしまいますし、疲れを溜めてしまう原因にもなります。 できるだけ赤ちゃんと一緒に寝るように心がけて、睡眠不足にならないようすることです。 また、夫婦で子守りの時間を分担することで睡眠を確保することもできますし、少し横になるだけでも精神的に休息になるので工夫すると良いです。 はじめての育児は分からないことが多いので、育児本は心強い味方になってくれます。 しかし、赤ちゃんにも個性があって育児本通りにいかないのが普通です。 全てを育児本通りにしようとしないで、自分の母親や保健師・産婦人科の医師や看護師に相談してみることです。 何よりも「産後うつ」の予防・対策で重要なことは、心の落ち着きと理解しておくと良いです。 静岡市葵区安西 産後うつの予防・対策なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME