静岡市葵区安西 産後の尿漏れ

静岡市葵区安西 産後の尿漏れ

気になる産後の尿漏れは普通のことだけど 妊娠中や産後の尿漏れを経験するお母さんも多く、くしゃみをした拍子に漏れてドキッとしてしまうこともあります。 しかし、それは極普通のことで決して特別なことではないので心配する必要はないのですが、何も知らないと自分だけと不安になってしまいます。 どうしてなのか原因を知ることやセルフケアの方法を知っていると、安心できて不安も解消されます。 妊娠中に起こしやすい原因は、胎児の成長と共に大きくなった子宮が膀胱を圧迫するからです。 また出産後に起こるのは、分娩時に骨盤底に大きな負担がかかってしまうことが要因です。 この骨盤底というのは筋肉や繊維組織でできていて、骨盤の底にあって子宮・膀胱・直腸などと言った腹部臓器を支えている部分です。 この骨盤底が緩むことで尿道の締まりが悪くなってしまい尿の漏れにつながってしまいます。 また、出産時に神経組織にダメージを受けることで膀胱や尿道の知覚障害が起こることもあって、それにより尿の漏れや尿意を感じないなどのトラブルが起こるのです。 このような原因から起こる症状ですが、それを少しでも防ぐためには妊娠・出産時にできる限り骨盤底に負担をかけないことが大切です。 骨盤底の負担を減らすためには、何といっても分娩の時間を短くすることが大切で、その為にも妊娠中の太り過ぎや妊娠高血圧症などを避けることが大事です。 また、分娩時にタイミングよくいきむことも骨盤底の負担を軽減することにつながるので、分娩時には助産師や医師の声に合わせていきむようにすることです。 ただ、出産から数ヶ月経つと骨盤底が回復して次第に尿の漏れは治まります。 気になる期間は専用のパッドを当てるなど適切な処置をすれば、問題なく普段通りに快適に過ごせるので深刻に悩む必要はありません。 しかし、いくら自然に治っていく症状であっても、できることなら早く治したい症状と言えます。 その為には、できるだけ早めに骨盤底を回復させることが大切です。 では早めに骨盤底を回復させる為には具体的にどうしたら良いのかというと、回復するまではできる限り横になって休み重い物などは持たないように過ごすことです。 この時期に無理をしてしまうと後に響いてくるので注意することです。 出産後すぐにガードルをつけておなかを引き締めることが昔は良いとされてきましたが、今では出産後4週間以上はきついガードルをつけるのを止めるように言われています。 それは、ガードルをつけることによって子宮や膀胱を下げてしまい骨盤底の筋肉や靭帯に対して負担をかけてしまうからです。 そうすると骨盤低の回復を遅らせることになって尿の漏れも長引く原因にもつながります。 また、この期間は同じ理由で腹筋運動も控えておくことが大事です。 それから骨盤底トレーニングで骨盤底の筋肉を鍛えることも改善につながるので、会陰の痛みが治まるのを目安として始めると良いです。 毎日継続することがトレーニングの効果を最大限に引き出してくれるので、無理をしないで毎日少しずつがんばることです。 あと整体などで骨盤矯正することも改善につながるので、治療院で施術を受けることも考えてみると良いです。 静岡市葵区安西 産後の尿漏れなら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME