静岡市葵区安西 ストレートネックストレッチ

静岡市葵区安西 ストレートネックストレッチ

うつむき姿勢になることが多い方は、もしかすると、現代人を悩ます「ストレートネック」になっているかもしれません。 ここでは、近年急増中の「ストレートネック」についてまとめます。 【ストレートネックって?】 頚椎の生理的前湾角度30度以下の首の状態を「ストレートネック」といいます。 首がまっすぐに歪んだ状態を示す言葉なので、病名とは違います。 ・生理的前湾角度? 正常な人の首は、前30度から40度に緩やかなカーブを描いています。 自分の体を鏡にうつして横から確認してください。 もしくは、家族や友達などの体を側からチェックしてみましょう。 視線をまっすぐに向け、あごをひき、姿勢を正しくしたとき、首は、緩やかに前にカーブしています。 首に手を当てて、あごを少し上に向けてみてください。 この角度が通常は、30度から40度。 一方、肩こりや眼精疲労、頭痛、首の痛み、といったトラブルを抱えている方の多くは、この緩やかなカーブが損なわれ、ややまっすぐに伸びている状態。 生理的前湾角度がなく、まっすぐになることで、筋肉やその周辺の組織に負担がかかってしまうのは一目瞭然。 【なぜストレートネックになるの?】 ・不良姿勢 ここ数年で急増し、10代の若い世代から幅広い年齢に確認されるのは、インターネットの急速な普及にも影響があります。 例えば、パソコンやスマホを操作している間、自分の姿勢、特に首の状態がどうなっているかわかりますか? 首がややうつむき加減になることで、緩やかなカーブが失われ、まっすぐに伸びている状態です。 このとき、生理的前湾角度30度から40度がなく、頚椎はほぼまっすぐに緊張しています。 まっすぐに伸びることで、肩や首にかかる負担は、20Kgから30Kgにまで大きくなることが分かっています。 ・加齢 人間の体は、加齢により老化が進み、首を構成する骨や筋肉、軟骨などの組織も劣化します。 そのため、生理的前湾角度を維持するのが難しくなり、自ずとストレートネックの状態になります。 ・運動による障害 独特な姿勢を維持する必要のあるバレエやダンスなどを長く続けていると、ストレートネックへのリスクが高まります。 さらに、頭部や首への強い衝撃を受ける可能性の高い格闘技やスキー、スノボによる転倒がきっかけでストレートネックになることもあります。 【対処法は?】 頭痛や肩こり、首の痛みや動きの悪さ、めまいにふらつき、手足のしびれ、寝違いが多い、胸焼けや吐き気、自律神経失調症状などに悩まされている場合は、ストレートネックを疑い、一度詳しく検査をしましょう。 初期の場合、レントゲンで異常を確認することは難しいですが、接骨院などにおける施術で改善する場合があります。 症状が悪化する前に早めに相談しましょう。 また長時間うつむき姿勢が多くなるライフスタイルにある方は、作業の合間に首を伸ばしたり、筋肉をほぐすマッサージを施すなど、首への負担を軽減する対策が不可欠です。 接骨院の施術後は、自宅やオフィスでも簡単にできるストレートネックストレッチ等のアドバイスも受けられますので、是非ご利用ください。 静岡市葵区安西 ストレートネックストレッチなら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME