静岡市葵区安西 オスグッド・オスグッドシュラッター

静岡市葵区安西 オスグッド・オスグッドシュラッター

オスグッド・オスグッドシュラッターとは、サッカーやバスケットなどのスポーツでよく見られます。 膝の脛骨が出っ張り痛みを感じるのが主な症状です。 見た目でも分かるように膝の下辺りがポッコリと出っ張ります。 成長痛だから仕方ない、という方もいますが、オスグッドは、成長期のお子様全員に必ず現れるものでありません。 【オスグッドの原因は?】 一番の原因とされるのが大腿四頭筋の緊張です。 大腿四頭筋とは、太ももの前の筋肉で、主にジャンプやストップ、蹴る、しゃがむといった動作で使います。 そのため、ストップダッシュ、飛ぶ着地する、を頻繁に繰り返すバレーボール、サッカー、バスケット、陸上、などの運動選手で発症するリスクが高くなります。 まだ完全に成長しきっていないお子様の場合、この筋肉を過度に使用することで、緊張で凝り固まり、正常な機能を失ってしまいます。 さらに、筋肉とは、骨から骨に付着しているので、緊張状態が続くと、骨にくっついている部分が過度に引っ張られ、脛骨が次第に膨張し、解離を引き起こします。 それが、膝の下表面に見られるぽっこりです。 【大腿四頭筋が緊張するのはどうして?】 では、そもそも大腿四頭筋が緊張するのはどうしてか? その原因は、個々により異なります。 まず、一つ目が、運動によるオーバーユース。 幼少期から毎日何時間も休まず運動にあけくれている、というお子様って多いですよね。 親の期待を一心にうけてか、それとも指導者のスパルタなのか、それは分かりません。 しかし、成長期のお子様の筋肉量は、その練習量に耐えられるほど丈夫ではないのです。 不完全な状態で、大人以上の運動を激しく連日続けると、当然大腿四頭筋は、緊張し、疲弊します。 さらに、もともと筋肉量が少ない、弱いというお子様は、通常の運動量でも大腿四頭筋が緊張しやすいくオスグッドのリスクは高まります。 次に考えられるのが、ケア不足です。 お子様の場合、体を動かしたくて仕方ないため、運動前のケアは不足しがちです。 そのため、筋肉が十分に温まるうちから激しく動かすため、急激な動きに対応できず、大腿四頭筋が固くなります その他、運動後のケアも不十分です。 練習後は、しっかり体をほぐす、マッサージをする、休む、という事に専念しなければ、お子様の体は、回復しません。 これを徹底的に管理するのは、指導者の責任といえます。 また、帰宅後のお子様の体のメンテナンスは、保護者がしっかり管理しなければなりません。 最後は不良姿勢です。 最近特に多いのが、パソコンやスマホなどの使用による猫背や歪みです。 不良姿勢は、体全体の歪みを引き起こし、足もとのバランスが崩れてしまいます。 すると、崩れたバランスを筋肉でカバーしようとすることから、大腿四頭筋が緊張し、固くなります。 これらの原因を取り除くことで、オスグッドの予防、緩和が期待できます。 さらに、完璧なケアを目指す場合には、整体や整骨院などプロのメンテナンスを定期的に活用するようにしてください。 静岡市葵区安西 オスグッド・オスグッドシュラッターなら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME