静岡市葵区安西 変形性膝関節症の対策と予防法

静岡市葵区安西 変形性膝関節症の対策と予防法

変形性膝関節症が発症した時に進行を抑える対策と予防法 ひざ関節の太ももの骨とすねの骨が接する面を軟骨が覆っていて、その軟骨の間には弾力性がある半月板があります。 この軟骨と半月板があることによって膝にかかる衝撃が吸収されて、立ったり歩いたりする時のクッションを果たしています。 しかし、何らかの要因で軟骨がすり減ったり半月板が傷んだりすると炎症を発生しますし、トゲのような骨棘が生じて炎症を起こすこともあります。 それにより関節周辺の神経が刺激されて痛みを感じるようになりますし、軟骨がすり減ってしまうと骨と骨が当たって強い痛みが生じます。 このように膝関節を覆っている軟骨がすり減ることで発症する病気が変形性膝関節症です。 主な症状は、膝の痛みや膝を動かしにくいなどの違和感で、膝関節に炎症が起こることで関節液が溜まって腫れることもあります。 この関節液が溜まることを、一般的に水がたまっていると言っています。 また、初期は関節に負荷がかかった時に痛みなどの症状が起こって、安静にすることで痛みが治まりますが、進行すると安静時も治まりにくくなります。 変形性膝関節症の発症を注意したい人は、遺伝の可能性も考えられるので家族に発症した人がいる人です。 また、高齢者・肥満体型の人・O脚の人・過去に膝の外傷や骨折を経験している人、また女性ホルモンの低下も関係しているので女性も注意が必要です。 特に肥満は悪影響を与える大きな要因で、体重が増えると当然のこと膝関節にかかる負担も大きくなって、軟骨などが痛みやすくなるのです。 また単に負荷が大きくなるだけでなくて、肥満により内臓周囲や膝にある脂肪細胞から分泌されるアディポカインされて、その物質が軟骨の組織を変化させて炎症を起こすのです。 何よりも大事なことは発症したらできるだけ進行を抑えて膝の健康を守ることで、その為に役立つ対策と予防法などを知っておくと良いです。 進行をくい止めて膝の軟骨の退行を防ぐ予防法として注目されているのが筋力訓練で、これは筋力の低下が発症に関係しているという報告があるからです。 また、発症すると痛いからといって体を動かさなくなって、それにより膝周辺の筋肉が落ちてしまいます。 そうすると筋力が低下して膝関節は負荷を受けやすくなって、さらに症状を悪化させるといった悪循環に陥ってしまいます。 ここの悪循環を回避とて重症化を防ぐためにも筋力訓練が必要になるのです。 具体的には、膝を支える大腿四頭筋を強化することで、膝を固定して脚を動かす体操が効果的です。 また平らな所をウォーキングすることも有効で、膝に痛みがあって歩けない場合には、テーブルに両手を置いて足踏みをすることから始めて見ると良いです。 筋力訓練と言っても無理はしないことで、膝に問題がないことを確認しながら徐々に体づくりをしていくことが大事です。 それからO脚に変形した膝関節は荷重のバランスが均等でないので、靴のインソールで荷重のバランスを調整するのも有効な対処法となります。 また、整体や整骨院で施術を受けることも対策につながるので、整体や整骨院での治療も検討してみると良いです。 静岡市葵区安西 変形性膝関節症の対策と予防法なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME