静岡市葵区安西 恥骨の痛み

静岡市葵区安西 恥骨の痛み

妊娠中や産後にみられる「恥骨の痛み」の原因と予防策 妊娠中や出産後にお母さんを苦しめるトラブルのひとつに「恥骨の痛み」があります。 通常はお腹が大きくなるにつれて痛みが出ることが多いのですが、お腹がそれ程大きくないのに痛くなる妊婦もいますし、出産後も痛みに悩まされてしまうこともあります。 歩いても寝返りをうっても痛みを感じて日常生活に支障を起こすこともあるので、原因と対策について知っておくと役立ちます。 痛みを感じるのは左右の恥骨をつなぐ軟骨の部位で、胎児の成長に伴い恥骨が圧迫され恥骨結合部が開いてしまうことにより妊娠中に痛みが起こります。 これはリラキシンというホルモンの分泌が盛んになって、骨盤周りのじん帯や恥骨周りのじん帯を緩めるからです。 人によって違いはありますが、大体妊娠9ヶ月を過ぎるあたりから生理の時のようなチクチクした痛みが起こるケースが多く、臨月の頃が一番酷い痛みになって朝起き上がれないほどの痛みになる人もいます。 また、元々腰痛を抱えていたり恥骨が出っ張っていたりする妊婦は、お腹が大きくなる前から恥骨の痛みが始まるケースもあります。 これは、骨盤の位置が既にずれていることで、他の人よりも子宮が大きくなるにつれて恥骨結合部が開きやすくなっているからです。 ちなみに、お腹が大きくなる前から痛みが起こってしまう妊婦は、産後にも腰痛・股関節痛・坐骨神経痛などによる足のしびれなどが起こりやすいですし、産後の尿漏れに悩まされることも多いです。 それから産後も骨盤やじん帯の歪みが治らなかったり、産後に骨盤の開きが正常に戻らなかったりした場合には出産後も痛みが続きますし、歪みで骨盤が前傾傾向になって新たに痛みが起こってしまう可能性があります。 妊娠中の痛みを改善する方法としては、痛みが軽度なら痛みを悪化させないために、姿勢に注意したりストレッチや体操をしたりして痛みを緩和させることです。 ただし、我慢できないほどの痛みがある時は、早めにかかりつけの産婦人科に相談することが大事です。 しかし、妊娠中は胎児の成長と共に骨盤が押し広げられて恥骨結合部も開いていく途中ということもあって、骨盤や恥骨に対して刺激の強い処置はできません。 骨盤ベルトを使用して骨盤をある程度固定し、恥骨部位への負担が少しでも軽減される処置が行われます。 このような処置で痛みを少しでも軽減して、無理や我慢のないマタニティライフを過ごすように心がけることが良いです。 出産後は骨盤などを緩める働きのあるリラキシンの分泌は減少して、徐々に骨盤の開きも解消されて元の位置に骨盤が戻るので、そうすれば恥骨の痛みも解消されます。 しかし、先にも触れたように骨盤などが正常な状態に戻らなくてずれてしまうと産後も痛みが続いてしまいます。 そのような時は、整体や整骨などの治療院に相談して、施術を受けることでしっかりと矯正し骨盤を正しい位置に戻してあげることです。 そうすれば骨盤と恥骨が正常な状態に整って体調も改善されますし、子宮脱予防などにも効果があります。 静岡市葵区安西 恥骨の痛みなら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME