静岡市葵区安西 肩こり予防策

静岡市葵区安西 肩こり予防策

肩こりの典型的な原因と予防策 重い頭を支えているが首と肩で、欧米人と違って首から肩の骨格や筋肉がきゃしゃにできている日本人は肩こりを起こしやすいといわれます。 特に中年以降になる骨や筋肉が弱くなるので発症しやすいですし、症状を軽く考えていると日常生活に支障を起こすような痛みになってしまうことも考えられます。 しかも原因として考えられるものは数多くあって、人により原因も違ってきます。 原因によって予防法も違ってくるので、原因や特徴を理解した上で効果的な対策をとることが大事です。 ただ数多くある原因の中でも、同じ姿勢・眼精疲労・運動不足・ストレスが最も多い原因と言われていますし、また最近は血圧との関連も注目されています。 まずは、デスクワークや読書、細かい手仕事などによる「同じ姿勢」や「眼精疲労」による肩の痛みについてで、最近は特にパソコンによる発症が増えています。 これは、首を少し前に突き出す姿勢や両肩を少し前にすぼめる姿勢を続けることで、首から肩にかけての筋肉が緊張し疲労が生じて血流が悪くなることが原因です。 また、細かい文字などを見続けることで目や周囲の筋肉が緊張して眼精疲労を起こし、それが首や肩の緊張にもつながってしまうのです。 予防策としては、当たり前ですが同じ姿勢を続けないようにすることです。 また、それと共に首をゆっくり後ろに反らせるなど細目に首や肩の緊張状態をほぐすことです。 それから1時間に1回程度立ち上がって手を上に伸ばしてブルブルと振ったり、軽い屈伸をしたりして全身の血流を改善することも予防につながります。 眼精疲労の予防に関しては、時々目を休ませることが大切で、1~2分間程度目を閉じたり、指先でこめかみのあたりをマッサージしたりすると良いです。 それから窓の外など遠くを眺めることも目の緊張を緩和するのに役立つので、時には遠くの景色に目を向けることも大切です。 次に日常の習慣が背景にある運動不足やストレスによる肩の痛みについてです。 運動不足になると筋肉量の低下や柔軟生の低下を招いて、本来果たす血液を送るポンプの役割も低下してしまいます。 それにより首から肩にかけての血流が悪くなると新鮮な酸素や栄養分が十分に伝わらなくなって、疲れやすい状態になり痛みを起こしてしまいます。 予防策は適度な運動を続けることで、それにより筋肉量の低下や柔軟生の低下を予防して全身の血流を改善できます。 ただ運動と言っても筋肉に強い負荷をかけるのではなくて、筋肉を動かすことが大事で、散歩やウオーキング、浅い屈伸運動でも全身の血流は良くなります。 また運動はストレスの解消にも効果的で、体を動かすことで気分転換にもなります。 日々の生活に適度な運動習慣を取り入れるように心がけることです。 肩こりと血圧の関係は、低血圧にしても高血圧にしても血流の悪化と関係していると言えます。 痛みが酷くなったり、経験したことのない痛みを感じたりした場合には、一度血圧測定をしてみることも大切です。 それにより血圧の異常の早期発見や治療につながり、その結果肩こりの改善につながることもあります。 静岡市葵区安西 肩こり予防策なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME