静岡市葵区安西 腰痛

静岡市葵区安西 腰痛

腰痛が男性よりも女性に多いと言われる理由は? 腰痛に悩まされる女性は男性よりも多いと言われていますが、それは原因となる女性特有の要因がいろいろと存在しているためです。 それが、身体的な特徴や生活習慣・女性ホルモンの変化・女性特有の病気の3つです。 まず身体的な特徴や生活習慣ですが、女性の身体的な特徴や妊娠・出産による体型の変化、生活習慣などが発生率を高めています。 具体的には筋力不足で、男性と比較して女性は全身の筋肉量が少ないですし、筋肉を作るための男性ホルモンの分泌量が少ないために、体を鍛えても男性よりも筋肉がつきにくい体質なのです。 人間の体は骨格だけで支えられているわけではなくて、靭帯や筋肉などによって支えられています。 その筋力が弱いと腰椎を支える力も弱くなって腰椎を構成する組織に大きな負担がかかり、腰椎の障害を起こして腰の痛みになるのです。 冷えにより血流が悪くなることも要因のひとつで、必要な酸素や栄養素が十分に運ばれなくなって疲労物質が溜まりやすくなり、筋肉が疲労しやすくなりますし、痛みを悪化させ痛みの治りを遅くしてしまいます。 このように腰を冷やすことが発症や悪化につながってしまうのです。 また、ダイエット・薄着・低血圧・貧血など女性に多くみられる要因も冷えの原因になってしまいます。 それから意外に感じるかも知れませんが、尿道が短いことや尿道の位置も腰の痛みが発生することに関係してきます。 男性と比較して女性は尿道が短く尿道口は膣や肛門に近く細菌が繁殖しやすいため膀胱炎を起こしやすく、こうした尿路感染症が腰の痛み元になる腎臓疾患の原因になるのです。 妊娠・出産に伴う腰痛を経験した女性は多いです。 これは、妊娠することでお腹が大きくなり前につき出すため、腰椎も前にせりだして背骨の自然なカーブが歪み腰に大きな負担がかかるからです。 それにプラスして体重が増えることにより腰椎への負荷も大きくなって腰の痛みを発症しやすくなるのです。 また、子宮が大きくなることで周辺の臓器を圧迫し臓器に異常が起こって腰の痛みにつながることもがあります。 それから妊娠・出産による骨盤の歪みも大きな要因になります。 ハイヒールなど踵の高い靴を履く機会が多いことも要因の一つです。 踵を持ちあげるような状態になると、どうしても不安定な姿勢になって体のバランスを保とうとして腰が反ってしまいます。 このように無理な体勢をとることで腰の筋肉を緊張させ腰椎に負担をかけてしまい腰の痛みを起こしやすくなります。 男性も女性も成長に伴いホルモンの分泌にも変化が起こりますが、特に女性の場合はホルモン分泌の変化だけでなく生理が始まります。 この生理に関連した女性ホルモンの変化が腰の痛みを引き起こすことも多いのです。 また、男性にない臓器の子宮は位置的に腰に近いために、子宮内膜症・子宮筋腫・子宮がん・子宮頸管炎などの子宮の病気で腰の痛みが発生します。 また、月経困難症・月経前症候群・更年期障害・骨粗しょう症などと言った症状も影響することがあります。 静岡市葵区安西 腰痛なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME