~産後の女性ホルモン~ 藤接骨院 焼津市

~産後の女性ホルモン~ 藤接骨院 焼津市

2017-02-13

産後に女性ホルモンが減少するのはなぜ?
出産すると、女性ホルモンのバランスが大きく崩れます。
なぜ、産後は女性ホルモンが減少するのでしょうか?
妊娠~出産にかけて、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌は増加し、分娩時にピークを迎えます。
そして、出産を機に、これらの女性ホルモンの分泌はどんどん減って行きます。
女性ホルモンの分泌が低下していく理由は、「女性ホルモンには、母乳の分泌を抑える働きがあるから」です。
母乳の分泌を増やすために、女性ホルモンの働きが弱まり、母乳を出すホルモン「プロラクチン」の分泌が増えていくようになります。
産後に、女性ホルモンが減少するのは「母乳を出すため」だったのです。
断乳・卒乳後も女性ホルモンがアップしない理由は?
産後に女性ホルモンが低下するのは、「生理現象」です。
母乳を出すための、母体の自然な働きなので、どうすることもできません。
しかし、産後しばらく経ち、断乳・卒乳したにも関わらず、女性ホルモンの分泌が低下したままの場合、次のような原因が考えられます。
★痩せ過ぎ
母乳育児で母体の栄養が不足して痩せてしまった方や、産後ダイエットを行っている方の場合、痩せ過ぎが原因のことがあります。
体に栄養が不足していると、女性ホルモンが作られなくなります。
痩せ過ぎの女性は、一般的な体重の女性と比べて、女性ホルモンの分泌が少ないと言われています。
★自律神経の乱れ
産後に女性ホルモンが低下したことによって、自律神経が乱れてしまったことが考えられます。
自律神経とホルモンバランスは、密接な関係にありますので、自律神経が乱れると、女性ホルモンの分泌もうまく行われなくなってしまいます。
イライラしたり落ち込んだりと、精神的に優れないのは、自律神経が乱れているのかもしれません。
女性ホルモンのバランス以外に、便秘、冷え性、肩こりも、自律神経の乱れが関係しています。
★ストレス
ストレスがたまると、女性ホルモンのバランスが乱れる原因となります。
女性ホルモンは、「抗ストレスホルモン」としてストレスに打ち勝つ働きもあるため、女性ホルモンが低下するとストレスにも弱くなってしまうそうです。
★睡眠不足
産後のママは、赤ちゃんのお世話で睡眠不足になりがちです。
睡眠不足や、睡眠リズムの乱れは、女性ホルモンの分泌を低下させてしまいます。
産後の女性ホルモン低下による体への影響は?
先ほどもご紹介したように、女性ホルモンは「女性らしさ」を作り出すホルモンです。
女性ホルモンが低下すると、体にどんな影響を及ぼすのでしょうか?
例えば
◎肌のツヤ、ハリ、弾力、潤いがなくなる
◎髪の毛につやがなくなる
◎バストにハリがなくなる、小さくなる、垂れる
◎生理周期が乱れる、無月経になる
◎骨が弱くなる
◎記憶力が乏しくなる
◎イライラしたり、落ち込んだり、怒りっぽくなったり、やる気が出ないなど、精神が不安定になる
などの、影響があります。
心身共に、健康的な生活を送ることが難しくなってしまいますね。
産後に胸が小さくなるのは女性ホルモンが不足しているから?
産後、「胸が小さくなってしまった」という女性は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
産後に、胸が小さくなったり、胸が垂れてしまったという場合も、女性ホルモンの低下が原因なのでしょうか?
答えは「YES」です!
なぜなら、バストを大きくしたり、生理を起こしたり、妊娠しやすくしたり、肌を美しくするのは、女性ホルモンの働きによるからです。
産後、女性ホルモンが減少していると、胸が小さくなってしまったり、胸が垂れてしまったり、肌につやが失われたりする可能性があります。
産後、女性ホルモンの量が回復するには、約1~2年かかると言われています。
そのため、産後のママは、バストの悩みだけでなく、生理の周期が乱れたり、肌が荒れたりと、女性ホルモン不足による身体的な悩みが増えるようになります。
女性ホルモンは、体も心も元気でいるために、女性にとって必要なものです。
少しずつ、女性ホルモンの量を、アップしていけるような生活を心掛けましょう!
まとめ
産後は、女性ホルモンの分泌が減ってしまうんですよね…。
産後は母乳が出れば出るほど、髪の毛が抜けたり、肌が乾燥したり、情緒不安定になったりします。7
少しでも女性ホルモンの量をアップして、肌のつやを取り戻したり、精神的に安定した生活を送りたいものですね。
そのためのケアとして…
・十分な睡眠
・規則正しい生活
・適度な運動
・適度に太る
など、総合的なケアを長期的に行っていく必要があります。
そして、忘れてはならないのが、「十分な栄養」です。
栄養が不足していたり、産後ダイエットを行っている方、産後の授乳で痩せ過ぎてしまった方は、とくに女性ホルモンが不足している可能性があります。
女性ホルモンの元となる栄養素をしっかり取る必要があります。
では、どのような栄養素が必要なのか、ご紹介します。
★たんぱく質
女性ホルモンが分泌される「卵巣」を活性化させるためには、たんぱく質が欠かせません。
ダイエットなどでたんぱく質が不足してしまうと、生命維持に必要な器官へ優先的に栄養が補給されてしまうため、生殖ホルモンや女性ホルモンを分泌する卵巣まで、栄養が行き渡らなくなります。
そうなると、生理不順や、無月経、無排卵などの症状が出てくるようになります。
肉や魚、大豆製品、乳製品などのたんぱく質を積極的に取り、卵巣を元気にして女性ホルモンの分泌を促すようにしましょう。
★ビタミン・ミネラル
ビタミン類や鉄分も、卵巣を活性化させるために必要です。
★コレステロール
女性ホルモンの原料は、コレステロールです。
産後ダイエットや食事制限で、肉や卵、油などを控え過ぎていると、コレステロール不足になってしまいます。
女性ホルモンを活性化させるには、これらの栄養素を含んだ食べ物を積極的に取るといいでしょう。
 
産後骨盤矯正や上記の症状でお困りの方は藤接骨院にお任せください!!


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME