静岡市葵区安西 坐骨神経痛の改善法

静岡市葵区安西 坐骨神経痛の改善法

坐骨神経痛に対しては正しい改善法を実施すること 坐骨神経とは、人間の体の中で最も太くて長い末梢神経で、腰付近から足のつま先まで伸びています。 この坐骨神経が何らかの要因によって圧迫されるなどの刺激を受けることにより、腰・腎部・太もも・ふくらはぎ・足の先などに、鋭くて電気が走ったような痛みやしびれ、強く張っている感じなどといった症状が生じるが「坐骨神経痛」です。 腰の痛みというとすぐに連想する方も多いですが、原因がはっきりと特定できる場合には、病名ではなくて症状のひとつとして扱われるのです。 例えば、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などといった疾患が原因の場合には、あくまでも腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が病名で、坐骨神経痛は症状ということになるのです。 実際に原因となる疾患が比較的見つかりやすいので、大抵は病名ではなく症状として扱われることが多く、様々な検査をしても原因が見当たらない時だけ病名になります。 では、先にも触れましたが原因となる主な疾患としては、どのようなものがあるのでしょうか? 1つは腰椎椎間板ヘルニアがあって、背骨を構成する椎体という骨の間にあるクッションの働きをする椎間板という軟骨が、はみだしたり飛びだしたりしてしまう病気です。 椎間板ヘルニアが起こることで坐骨神経が圧迫されることで起こしてしまいます。 中腰や前かがみなどの姿勢を長時間続けたり、急に重たいものを持ち上げたりすることで発症するので注意が必要です。 2つ目は腰部脊柱管狭窄症で、背骨の中央に脊柱管というのがあって脊髄と馬尾神経が通っているのですが、この脊柱管が狭くなることで馬尾神経を圧迫し腰の痛みや足のしびれなどの症状を起こす病気です。 主に腰のあたりで発症することが多いので腰部脊柱管狭窄症と言われます。 先天的な原因の場合もあるのですが、大抵は加齢による腰椎の変化によって脊柱管が狭くなってしまうために起こります。 3つ目は変形性腰椎症で、腰椎の形が変形することで神経を圧迫し、腰に痛みや足のしびれを起こす病気です。 原因として考えられることは、加齢・同じ姿勢を長時間続ける・運動などによる腰への過度な負担というのがあげられます。 この他にも腰椎分離症や腰椎すべり症・梨状筋症候群・外傷による圧迫・帯状疱疹・カリエス・脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍・糖尿病・喫煙・ストレスなども原因として考えられるものです。 また、このような疾患や原因がなくても発症してしまうこともあるのです。 坐骨神経痛を改善する方法としては、できる限り重い物を持たない、長時間同じ姿勢を続けない、激しい運動は避ける、肥満を解消する、安静にしている、腰周辺の筋力をつけるなどがあげられます。 また、ホットパックを使ったり温浴したりするなど、患部を温めることで痛みが緩和することがあります。 ただ原因で改善法に違いがあって、正しい改善法を行なったがことで悪化してしまう危険性もあります。 悪化すると歩行困難や座っていられなくなると言った症状が起こりますし、排泄障害などの重篤な症状を引き起こすものもあります。 自己判断することなく病院や整体院・整骨院で正しい治療をすることです。 静岡市葵区安西 坐骨神経痛の改善法なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME