静岡市葵区安西 変形性膝関節症と加齢の関係

静岡市葵区安西 変形性膝関節症と加齢の関係

加齢に伴い起こる膝の病気「変形性膝関節症」 変形性膝関節症は、膝関節の軟骨が何らかの原因で傷つくことにより関節に炎症が発生して痛みが生じる病気で、やがて衝撃が吸収できなくなって非常に強い痛みになります。 40歳代から徐々に増え始める症状で、男性にも女性にもみられるのですが特に女性に多くて、60歳代の女性で約40%、70歳代の女性では約70%が発症すると言われています。 膝が痛くなることであまり歩かなくなり脚の筋肉が衰えて、膝を守る筋肉が衰えることでさらに負担がかかるといった悪循環になることも考えられます。 そのようなことにならないためにも、早期に治療を受けることが大切で、治療を受けることで痛みをコントロールし進行を遅らせることも可能です。 主な症状としては、立ち上がる時・歩き始める時など膝に体重がかかる時に痛むことが最初に見られます。 少し進行すると階段の昇降や正座した時など特別な動作をした時にも痛みが生じるようになって、さらに進行すると安静時でも痛みがとれないことになります。 また、関節に炎症が発生して膝の皿の周辺に水が溜まり腫れて、痛みが生じたり膝を動かしにくくなったりすることもあるのです。 それから、膝を伸ばすことが難しくなったり、歩き始める時に横にぶれたりすることもみられます。 原因に関しては明確にはなっていないのですが、原因のひとつとしては膝への負担が長年かかることや、膝の関節でクッション機能が低下して軟骨に傷がつくことが考えられます。 その要因となるのが加齢で、軟骨に栄養を供給しているヒアルロン酸が減少することで軟骨が傷つきやすくなるのです。 また、太り過ぎも要因のひとつで、歩く時には体重の約3.1倍の負荷が膝にかかると言われていて、体重が重いほど負担も大きくなって軟骨や半月板が傷ついてしまうのです。 それから歩く姿勢が悪いことや運動不足により膝の筋肉が衰えてくることも要因として考えられることです。 先に触れたように女性に多く発症していることから、理由は明らかになっていないのですがホルモンバランスも影響していると考えられているのです。 変形性膝関節症は、このように軟骨が壊れ痛みが発生する病気で、軟骨は一度壊れると元に戻ることはほとんどないので、根本的に解消する治療方法はなくて早く気づいて対処することが大事になります。 主な対処方法としては、生活習慣の改善を含めた運動で症状を改善する運動療法、温熱療法や寒冷療法などの物理療法、装具を使用する装具療法など様々な理学療法があります。 それから、必要に応じて関節内注射やステロイド注射などを膝関節にしたり、飲み薬・外用薬を用いたりする薬物治療もあります。 病気の進行度合いによっては、関節鏡視下手術・高位脛骨骨切り術・人工膝関節置換術といった外科手術が必要になることもあります。 整体や整骨院で施術を受けることも痛みなどの症状緩和につながりますし、姿勢の改善や太り過ぎの改善などにもつながることになります。 変形性膝関節症の辛い症状に悩まされているのなら、整体や整骨院で治療を受けることも考えてみると良いです。 静岡市葵区安西 変形性膝関節症と加齢の関係なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME