静岡市葵区安西 オスグッド病の解消

静岡市葵区安西 オスグッド病の解消

オスグッド病を解消するには休養が必要なのですが? 成長期によくある膝の痛みが「オスグッド病」といって、主に過剰なスポーツなどを行うことにより発生する骨端炎の一種でありスポーツ障害です。 治療するにあたっては本人とよく話し合い治療方針を決定するのですが、状態によっては練習を完全にストップする必要もあります。 それは、無理し過ぎると脛骨粗面部(大腿筋付着部)が牽引力に屈服し剥離してしまう可能性があるからで、そうなると長期戦線離脱になってしまうからです。 場合によっては在学中に復帰できない可能性もあって、そのような最悪の状態にならないためにも、本望ではないけど説得して練習を休ませる必要があるのです。 では、なぜ発生してしまうのかというと、それには大腿筋群の収縮が大きく関係しているのです。 腰骨から始まり膝の皿部分の前を通過して脛骨粗面についているのが大腿の筋肉で、この筋群が強力な収縮を繰り返すことにより脛骨粗面に負担がかかってしまい発症するのです。 特に跳躍・キック・切り返しの多いスポーツにより発症するもので、具体的にはサッカー・バスケット・テニス・バトミントン・バレーボールなどでよく見られます。 ただし、それだけではなくて骨盤の動きも関係していると考えられます。 骨盤は左右両方共に回転運動をしている関節で、この回転運動が何らかの要因で支障を起こすと筋の緊張が強くなって、脛骨粗面部に牽引力を加えて症状の発生につながります。 つまり、早期に回復させるためには、骨盤の動きを回復させることが肝心なポイントになるのです。 骨盤の動きを回復させるにはどうすれば良いのかというと、整体や整骨院で治療するという方法がひとつあります。 実は、オスグッド病などニッチな症状を専門に扱っている整体院や整骨院があるので、適切な治療を受けることもできるのです。 スポーツに励んでいる子供に症状がみられる時は、整体や整骨院での治療も検討してみると良いです。 具体的な治療としては、発症している側の骨盤が正常な回転運動をしないことで大腿筋群に緊張を起こしているので、まずは骨盤の動きの悪さにアプローチをかけて改善していきます。 そうすることで大腿筋群の緊張が緩和してきて、ほぼ良好な結果を出すことになります。 また、そうした治療と共に骨盤の動きを整えるトレーニングを指導しますし、セルフケアについても説明して悪化させないようにします。 セルフケアとしては、何といっても痛みを抑えることで、その為には炎症を抑えることでアイシングが効果的になります。 ちなみにアイシングは氷でないといけませんし何度も繰り返し行うことで、野球やサッカーでも負傷部位を氷で冷やしていますがそれを参考にすると良いです。 それから大腿部の筋群を広範囲に抑えるサポーターを使用するのも良いです。 ただし、基本的にはオスグッド病の疾病形成因子となる過剰運動を排除することが大事で、難しい選択になりますが短期間で症状を解消するにはやはり休養が必要です。 静岡市葵区安西 オスグッド病の解消なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME