静岡市葵区安西 かみしめ症候群について

静岡市葵区安西 かみしめ症候群について

あまり聞き慣れないニッチな病気「かみしめ症候群」 なぜかガスでお腹が張ることがあったり、ゲップがよく出るようになったりするのが気になる方もいます。 また、そうした状況と共に、頭痛や肩・首のこり、あごの痛みが起こってしまうという方もいて、何の関連もなさそうな症状ですが、同じ原因から発生している可能性も考えられるのです。 その原因となるのが「かみしめ症候群」というあまり聞き慣れないニッチな症状の病気です。 では、どうしてお腹が張ったりゲップが出たりするのかというと、奥歯を噛み締める時に舌が上あごを押し唾液が喉のほうに流れたりして、それを飲み込む時に空気も一緒に飲み込まれるからです。 そして空気を飲み込み過ぎると胃や腸に溜まって、胃腸障害をはじめとするゲップやお腹の張りなど様々な症状が発生するのです。 その他には胃のもたれや不快感なども起こりますし、胃や大腸に大量に溜まった空気で横隔膜が押し上げられて、心臓が圧迫されてしまい胸痛や動悸などが発生することもあります。 頭痛や肩・首のこり、あごの痛みが発生するのは、奥歯を噛み合わせる動作は物を噛む時に使う咀嚼筋に負担をかけてしまいます。 その負担が長く続くとそれらの筋肉が疲労して、頭・肩や首・あご・目の奥などにこりや痛みを発生させてしまうのです。 物を飲み込む時の嚥下反射で奥歯を噛み合わせることは必ず行う動作のひとつで、誰でも空気の飲み込みはあります。 一般的に1回に飲み込む空気の量は3~5cc程度で、胃に溜まる空気が50cc程度なら正常の範囲と考えられています。 しかし、かみしめ症候群により奥歯を噛み合わせる、または噛みしめることが多くなるとその分飲み込む空気の量も増えることになって、先に触れたような症状が起こってしまうのです。 また緊張やストレスに人はさらされると唾液を無意識のうちに飲み込みます。 そのことを考えると緊張やストレスが引き起こす心身症の一つと言えるのです。 ちなみに起こりやすい人としては、うつ気分の人・ストレス状態にある人・習慣的に噛みしめることが多い人・うつむき加減の姿勢をとることが多い人・緊張やストレス状態で舌を上あごに押し当てる人などです。 このような症状に悩んで、内科・胃腸科・脳外科・循環器科などを渡り歩く人もいますが、どこの診療科を受診しても明確な診断を下されることは少ないです。 それは、様々な検査を実施しても原因の究明にまで達することができないからで、病院での治療としてはマウスピース装着で奥歯の噛みしめを防ぐ程度です。 また同時に、噛みしめを起こしてしまう原因となる緊張やストレスを心身医学的な対応もします。 人によってはこれらの治療により2~3週間程度で症状の改善がみられることもあるのですが、そのような治療で改善が見られない時には、ニッチな症状も取り扱う整体や整骨院で治療するのもひとつの方法です。 治療院によって施術に違いはありますが、頭蓋骨調整により改善につなげるケースが多く、それにより頭蓋骨の圧迫から解放されて改善につながるのです。 静岡市葵区安西 かみしめ症候群についてなら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME