静岡市葵区安西 緊張性頭痛

静岡市葵区安西 緊張性頭痛

ニッチな緊張性頭痛は整体や整骨院で治療を 頭痛もちと言われる日本人は意外に多く他の病気を伴わない一次性頭痛が全体の9割を占めて、その一次性頭痛には片頭痛・緊張型または緊張性・群発頭痛の3種類があります。 身近な症状ということもあって、頭痛くらいと軽視しがちですが、症状が酷くなると日常生活に支障をきたすこともありますし、何らかの命にかかわる病気が背後に隠れていることもあります。 原因や症状が様々でそれにより予防法や対処法が大きく異なるために、適切な対処をしないと痛みが悪化するなど逆効果になることもあります。 そこで、身近な緊張性頭痛の原因や予防法・対処法について知っておくと参考として役立ちます。 緊張性の主な原因は、頭の横の筋肉や肩・首の筋肉が緊張することで、それにより血流が悪くなって筋肉内に老廃物が溜まり、その周囲の神経を刺激することにより痛みが起こるのです。 筋肉の緊張を起こす要因としては、精神的・身体的ストレス、パソコンなどを長時間同じ姿勢で操作することが考えられます。 また筋肉の緊張以外にもうつ病など心の病気が原因になることがあります。 午後から夕方にかけて目の疲れや倦怠感などと一緒に頭の痛みが現れやすいと言った症状の特徴があって、後頭部から首筋を中心に頭全体が何かに締め付けられるような痛みが起こります。 それから頭痛以外に、吐き気・嘔吐などといった症状が起こることもあります。 日常生活に支障がある片頭痛ほどの痛みはないのですが、場合によっては数ヶ月以上も続くこともあって慢性化するケースも多いのです。 緊張性頭痛の予防法としては、筋肉が緊張してしまう長時間同じ姿勢をすることは避けるように心がけることで、それと共に正しい姿勢を意識することも大事です。 また、肩や首の血行アップをすることも大切で、簡単なストレッチを細目に行って首や肩の筋肉の緊張をほぐすことも予防法になります。 例えば、自然な状態で10~20回程度両肩を上げてストンと落とす方法や左右それぞれ5~10回程度ずつ首を左右に倒すと言った方法もあります。 また、イスに浅く腰かけて脚を前に伸ばし両肩の力を抜いてリラックスしながら、ゆっくりと首を前に倒すことを、5~10回程度するのも良いです。 それから枕の高さを調整することも予防法につながることで、首に負担をかけない自分に適した枕を選ぶことも大事です。 緊張性頭痛が発生した時の対処法としては、温めてこりをほぐすことです。 例えば、マッサージ・蒸しタオル・半身浴などで、首や肩の筋肉を温めてこりを取り除き血行を改善すると良いです。 また、先に予防法で紹介したストレッチを行うことも効果的です。 それから気分転換をすることも対象につながることで、頭痛起こったら心身共にストレスをかけることは中止して、早めに気分転換することです。 首や肩の筋肉がこることが原因なので、整体や整骨院の治療を受けることも対処法になりますし、体を整えることで症状が発生しにくくなるので予防にもつながります。 静岡市葵区安西 緊張性頭痛なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME