静岡市葵区安西 むちうちの分類

静岡市葵区安西 むちうちの分類

むちうちの分類と症状について 突然の強い衝撃により頭部がムチを振り回すようなS字形の動きを強いられることで首の損傷が発生して、様々な症状を引き起こす疾患を「むちうち」と一般的に呼んでいます。 しかし、この呼び名は俗称で正式には外傷性頸部症候群や頸椎捻挫と言います。 首の損傷というと頚椎の骨折や脱臼で脊髄や神経を痛め手足に不自由をきたし、場合によっては寝たきり状態になってしまうこともあります。 ただむちうちは、衝撃を受けたことにより骨自体・筋肉や靱帯・椎間板を痛めて、持続性筋収縮が起こって硬くなり神経を刺激して痛みが発生するものです。 また、首が動きづらくなるなどの運動制限が起こったり、腕や手の指にシビレが発生したりするケースもありますが、そこまで重症に至らない比較的軽い症状の総称です。 発症の原因で多いのが後方から衝突される自動車事故とで、全体の8割以上を占めています。 それ以外には、ラグビーや柔道と言った激しいスポーツでの衝撃で症状が起こることもありますし、稀に日常生活でのしりもちなどで起こることもあります。 それから、男性と比較して女性は首が細くて筋量が少ないために起こしやすいと言われています。 むちうちとまとめられていますが、いくつかに分類されていてその症状にも違いがあります。 頚椎周辺の筋肉や靭帯・軟部組織の損傷で最も多くみられるのが「頚椎捻挫型」で、症状全体の70~80%を占めています。 首を伸ばすと首の後ろや肩の痛みが強くなって、首や肩の動きが制限されることもあります。 頚椎の並びに歪みができて神経が圧迫されて症状が起こるのが「根症状型」で、首の痛み以外にも腕の痛み・しびれ・だるさ、後頭部の痛みや顔面痛などが起こります。 これらの症状は、首や肩を一定方向に引っ張った時などに強まります。 後部交感神経症候群とも言われる「バレ・リユウー症状型」は、頚椎沿いに走る椎骨動脈の血流が低下して、頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気などの症状が起こるのです。 頚椎の脊柱管を通る脊髄が損傷したり、下肢に伸びている神経が損傷されたりするのが「脊髄症状型」で、下肢のしびれや知覚異常が起こって歩行障害が現れるようになります。 また、膀胱直腸障害が生じることにより排便・排尿がしにくくなる可能性もあります。 髄液圧が一時的に急上昇してその圧が下方に伝わりクモ膜が裂けるのが「脳髄液減少症」で、不定愁訴と言われる多彩な症状が起こります。 初期に頭痛が起こるのが特徴で、天候に左右されたり気圧の変化に応じて症状が変化したりすることも特徴としてあります。 いずれの症状であっても、また症状が軽くても整形外科などの医療機関を受診して早期治療をすることが大事です。 ただし脳髄液減少症が疑われる場合には、整形外科ではなくて脳神経外科や神経内科を受診する必要があります。 それから病院で治療していても症状の改善がなかなか見られない場合には、整体や整骨院で治療することも検討してみると良いです。 静岡市葵区安西 むちうちの分類なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME