静岡市葵区安西 変形性腰椎症

静岡市葵区安西 変形性腰椎症

椎間板が衰えることから始まる変形性腰椎症とは? 椎骨が重なり合って形成されている脊椎ですが、その椎骨と椎骨の間にはクッションの役目をする椎間板があります。 また脊椎は、椎骨の後方部にある上関節突起と下関節突起から成っている椎間関節が滑らかに動いて、椎間板が衝撃を吸収することによりスムーズに動くことができます。 それにより体を自由に曲げたり捻ったりすることが可能なのです。 ただ年齢を重ねることにより長年駆使された組織が徐々に変性していくのです。 これは脊椎全体に見られることなのですが、特に動く範囲が広くて体重などの負荷がかかることになる腰椎に顕著に現れやすく、この脊椎の変性で腰痛などの症状が起こる疾患を「変形性腰椎症」と言うのです。 このように主な原因は加齢による老化現象ということで中高年になると誰にでも発症する可能性があるのですが、特にスポーツや肉体労働で腰を駆使することが多い方は早い段階で症状が起こるとされています。 変形性腰椎症を引き起こす腰椎の変性は、年齢を重ねることで椎間板にあるゼリー状の髄核の水分が失われることで弾力が低下してクッションの働きが衰えることから始まります。 椎間板が衰えることで負担が大きくなると関節がすり減ってかみ合わなくなって、関節を支える周辺靭帯などへの負担が大きくなってしまいます。 また、椎間板が薄くなることにより椎体にずれやすべりが起こって椎体と椎体がぶつかることもあり、そのバランスを補おうと椎間板の角にある骨が増殖し骨棘と呼ばれるトゲを形成することがあります。 主な症状は、形成された骨棘で神経が圧迫・刺激されることによる慢性的な腰痛で、それに加えて腰椎の変性による靭帯や筋肉への負担から血行不良になり腰の張りも起こることがあります。 また、痛みで可動域が制限されたり、腰椎の変性で後湾や側湾などの腰曲りの姿勢になったりすることもあります。 それから骨棘の影響や椎体のすべりで脊柱管が狭くなることもあって、それにより神経や血管が圧迫されると腰痛や下肢のしびれ・痛みなどが引き起こされます。 ただし、変性があっても必ず症状が起こるとは限らず、加齢による自然な現象なので痛みなどの症状が無い場合には問題はないと考えられています。 病院で行われる主な治療は、痛みに対する保存療法が基本となります。 また消炎鎮痛薬や筋緊張弛緩薬などを投与する薬物療法や筋肉部分に痛みがある場合には局所麻酔によるトリガーポイント注射をする場合があります。 それから腰部に対する温熱療法や牽引療法と言った理学療法もあります。 いくつかの治療法を組み合わせて行うこともありますし、症状が軽い場合には腰痛体操や軽い運動などで体幹の筋力をつけることも予防や症状の軽減につながります。 一方整体や整骨院など東洋医学では、変性による腰椎の不安定性で筋が硬直し血液循環が悪くなって老廃物が溜まり神経を圧迫して痛みを起こすと考えられています。 その為、施術をすることで硬くなった筋肉を緩めて血液循環を促進し症状の改善を図る治療を行います。 病院の治療と共に整体や整骨院での治療も考えてみると良いです。 静岡市葵区安西 変形性腰椎症なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME