静岡市葵区安西 側弯症の治療

静岡市葵区安西 側弯症の治療

側弯症の西洋医学と東洋医学の治療について 背骨が左右に弯曲した状態で背骨自体の捻じれを伴うこともある症状が「側弯症」で、通常は小児期にみられる脊柱変形のことを指します。 肩の高さが左右で違う・肩甲骨の突出・腰の高さが非対称・胸郭の変形・前かがみをした姿勢で後ろから背中を見た時に肋骨や腰部が隆起しているなどの変形が生じます。 また、側弯が進行することで腰背部痛や心肺機能の低下などを引き起こす可能性もあります。 女子に多くみられる症状で、全体の60~70%を占めるのが原因不明の特発性で、そのほか先天的な脊柱の異常による先天性、神経や筋の異常による症候性があります。 整形外科などの医療機関で行う診察は、まず前かがみの姿勢になってもらい後ろから脊柱を観察します。 またレントゲンで脊柱全体を撮影して側弯の程度を角度で表し、同時に脊椎骨や肋骨に異常がないかも調べます。 それから神経学的検査やMRI検査なども実施されることがあります。 弯曲が進行する前に診断して、治療をスタートすることが大切で、その為に学校検診も実施されています。 治療に関しては側弯の原因や程度、年齢などで違ってきますが、一般的に整形外科などで行う治療は、頸椎・胸椎・腰椎の3ヶ所か上下2ヶ所で湾曲の角度を測定して行います。 湾曲の角度が30度以下の軽度では運動療法などで経過観察という場合が多いです。 湾曲の角度が30度を越している中度では、矯正装具を装着し固定することにより成長期に湾曲が進行するのを遅らせます。 湾曲の角度が50度以上の重度で腰痛などの症状が酷い場合や内臓への影響がある場合には手術を行うことがあります。 一方、整体や整骨院などの東洋医学では、原因不明であっても何らかの体のバランスが崩れていることが関係していると考えます。 それは多くの患者さんに骨盤の歪みが見られるからで、骨盤が歪むことで背骨が曲がってしまったと考えられるからです。 その為に、骨盤を正常な状態に整えることで背骨が自然と真っ直ぐに戻ろうとするはずなので、手足のバランスを調整することで骨盤を整えていきます。 ただし、無理に矯正するのではなくて、あくまでも体が本来持っているバランスを取り戻そうとする力を補助する療法です。 つまり体が本来の正しい姿勢を思い出すアプローチをすると共に、適切な運動を組み合わせて崩れたバランスをリセットするのです。 整形外科など医療機関での治療と共に、整体や整骨院など治療も選択肢として考えてみるのも良いです。 それからセルフケアとして心がけておきたいことは、背骨が不自然にカーブしているので背骨への負担が大きいため、骨を丈夫にする必要があります。 その為には、栄養のバランスを考慮した食事をすること、筋力を保つために適度な運動をすること、普段の姿勢に注意することなどがあります。 やってはいけない姿勢としては、横座り・アヒル座り・頬杖をつく・うつぶせで寝転ぶ・横向きに寝るなどです。 適度な運動としては左右のバランスの取れた水泳が望ましいですが、種目に拘らず楽しく体を動かすと良いです。 静岡市葵区安西 側弯症の治療なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME