焼津市 産後の慢性疲労

焼津市 産後の慢性疲労

2015-01-10

「産後の慢性疲労」などを解消するためには
出産後に、骨盤付近に力が入らない・腰が痛い・恥骨付近が痛い・お尻が痛い・股関節が痛い・長時間立っていられない・生理が戻らないなどの症状に悩まされている方もいることでしょう。
また、産後の慢性疲労に悩んでいて、「何か精神的なものなのか?」「出産に関連した婦人科的なものなのか?」など考えてしまっている方もいるでしょう。
このように産後の体調不良や体質の変化などが起こる大きな要因として考えられるのが、出産による「骨盤の歪み」があります。
ご存知のように出産時には骨盤やその周辺の関節・靭帯・筋肉が、「リラキシン」と言うホルモンの影響で緩んで出産をします。
これは自然なことですし出産後はホルモン分泌が徐々に減少して骨盤は元の状態に戻っていきます。
しかし様々な要因でその戻りが悪く関節部がズレてしまったり、骨盤全体が傾斜やねじれを起こしたりして「骨盤の歪み」が生じることが多くあります。
そして、そのように「骨盤の歪み」があると骨盤内で余計な筋肉の緊張や引っ張り合い、さらに圧迫が起こって膀胱・子宮・卵巣が圧迫されたり、自律神経伝達や血液循環を阻害したりします。
その結果、生理不順・生理痛・下腹部の痛み・膀胱炎・頻尿や残尿感・腰痛・尿漏れなど様々な症状が起こってしまいます。
また、骨盤は体の中央に位置していて体の土台的な存在ですから、骨盤に傾斜や捻じれなどが起こってしまうと、その土台にのる背骨にも悪影響を与えて体全体が歪んでしまうこともあります。
そうすると、胸背部の筋肉が過剰に緊張した状態になってしまい胸背部痛・首肩こり・慢性疲労の原因になります。
さらに自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れを起こして、若年性更年期・自律神経失調症・産後うつなどになってしまう可能性もあります。
「どうも体の調子がおかしい」「産後の慢性疲労が続く」「病院へ行っても改善されない」と感じる方は、「体の歪み」が影響しているかも知れないと考えると良いでしょう。
また、妊娠・出産・授乳によって体内のカルシウムとマグネシウムのバランスが悪かったり低下したりしていることが影響していることも要因になっているかも知れません。
さらに、体と脳の機能回復のための大切な睡眠が、赤ちゃんのお世話で不足していることも要因として考えられます。
ですから、産後の慢性疲労などの症状に悩まされる場合には、大きな要因になっている骨盤を矯正して正しい状態にすることをおすすめします。
また、それと共に骨盤底筋群を強化することもおすすめで、産後の骨盤底筋群の引締め運動を行うことは疲れにくい体づくりにつながります。
あと様々な産後の体調不良には「漢方薬」を用いるのもひとつの方法としてあります。
漢方薬によって体の回復や体質の改善をすることも可能なので、漢方専門薬局で相談して現在の症状や体の状態に適した漢方薬を上手に取り入れていくと良いでしょう。
いずれにしてもお母さんが元気でなくては、赤ちゃんも困ってしまいますので、慢性疲労など不快な症状は早めに解消しましょう。
焼津市 産後の慢性疲労なら藤接骨院にお任せください。


お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME