静岡市葵区安西 脊柱管狭窄症の治療

静岡市葵区安西 脊柱管狭窄症の治療

脊柱管狭窄症は年齢のせいと諦めず治療を 椎骨という骨が24個積み重なって柱のようになっているのが脊柱で、椎骨を横断面で見ると腹側の椎体と背側の椎弓の間は空洞になっていてトンネル状の管になっているのです。 このトンネル状の管が脊柱管で脊髄神経の通り道になっていて、何らかの原因により脊柱管が狭くなり狭窄され脊柱管内の脊髄神経が圧迫され神経が損傷や炎症を起こして痛みなどの症状を発症するのが「脊柱管狭窄症」です。 原因としては先天性と後天性があって、先天性は生まれつき脊柱管が狭いことによるものですが、幼児期から症状が出ることは稀で、加齢と共に発症することが多いです。 後天性は加齢によるもので、主なものとして脊椎の椎体や椎弓の変形・椎間関節の関節包の肥厚・椎間板の変性・背骨の歪みや側湾・すべり症・すべり症以外の脊椎の回旋や横方向のズレなどです。 また、これらの原因が複合して起こるケースもあります。 症状としては、腰痛・腰まわりが重い・腰回りの違和感や張り感・足の痺れや痛みなどがあります。 また排尿障害や悪化すると歩行時に尿意を催すと言った排尿障害、便秘・絵陰部に灼熱感などが起こってきます。 ただ、最も特徴的な症状は「間欠性跛行」で、歩行していると腰から足にかけて痛みや痺れが起こって歩けなくなるが、前かがみで少し休むと回復し再び歩けるようになる症状です。 この症状も悪化することに伴って続けて歩ける距離が短くなって、一度腰掛けて休息しない回復しない状態になる場合もあります。 その為、早期に治療や対策をとることが大事になってきます。 ただ脊柱管狭窄症は高齢者に多いことから年齢のせいと考えて諦めてしまう方も少なくありません。 しかし、早期に治療や対策をとるためにも整形外科でレントゲンやMRI・CTなどの検査を受けて、脊柱管が狭まっていることなどを確認して診断してもらうことが大切です。 そして、整形外科などの医療機関で適切な治療を受けることです。 また整体や整骨院で施術や運動・体操などを組み合わせた治療を受けることも改善につながります。 ただし整体や整骨院で治療するにしても、まずは整形外科を受診して検査・診断してもらうことです。 それから病院と治療院を併用するのもひとつの方法としてあります。 いいずれにしても症状を悪化させないためにも、早期に治療や対策をとることが大事という認識をしておくことです。 脊柱管狭窄症のセルフケアとしては、下着や衣服・暖房・カイロなどを上手に活用して冷やさないことです。 痛みや痺れは慢性的なものなので冷やすと症状が悪化するので注意が必要です。 また、立っている時の姿勢に注意することも大切で、お腹を出して反り腰になると余計に痛くなってしまうので、お腹を少し引っ込め腰が反らないようにすることです。 調子の良い時には無理のない程度に運動をすることです。 ただし調子が悪い時は神経を強く圧迫している状態で神経を損傷させ悪化してしまう危険性があるので運動は控えることが大事です。 それから腹筋を鍛えることも大切で、これらのセルフケアを実行することも改善につながります。 静岡市葵区安西 脊柱管狭窄症の治療なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME