静岡市葵区安西 坐骨神経痛

静岡市葵区安西 坐骨神経痛

坐骨神経痛の症状を感じる時は早めの処置を 坐骨神経痛という言葉は何度も聞いたことがあるのでしょうが、これは特定症状の病名ではなく総称を表しているものなのです。 臀部の痛み・太腿の痛み・ふくらはぎの痛み・下肢の痺れや麻痺、さらに症状が悪化することで足全体の感覚が鈍くなってしまい歩行に悪影響を及ぼすなどの症状を総称したものなのです。 いずれにしても発症してしまうと日常生活や仕事に大きな影響をきたしてしまう可能性があることは確かです。 何が原因で発症するのかというと様々な原因が考えられるのですが、仙腸関節のずれによる骨盤の歪み・腰椎のずれによる馬尾や神経根の圧迫が、最も多い原因として挙げられます。 仙腸関節を含む骨盤は体の土台であって、それを支える脊柱は大黒柱のような存在と考えられます。 仙腸関節がずれると土台となる骨盤が歪んでしまって、その弊害として脊柱が変形して腰椎がずれてしまいます。 腰椎がずれてしまうと馬尾・神経根が圧迫されてると、日常の何気ない動作で痛みやダルさを感じはじめて坐骨神経痛を発症してしまいます。 主な症状は、初期段階では歩くたびに臀部や太腿にピリピリ・ピクピクと言った電気が走ったような鋭い痛みを伴います。 中度~重度段階になると体をどのような状態にしても激痛が走って、その痛みで睡眠障害や下半身の感覚が無くなることがあります。 また、トイレの感覚が麻痺してしまうこともありますし、激痛により発症した足の筋肉が衰えて左右の足の筋肉バランスが異様に変わることもあるのです。 この程度の下半身に起こる痛みや痺れなら時期に治るだろうと安易に考えることは禁物で、何らかの症状が感じられる時は早めの医療処置を受けることです。 このような坐骨神経痛から体を守るためには、事前に様々な対策をとる必要があります。 そのひとつは、腰痛ベルト・コルセット・骨盤ベルトを使用して予防することで、腰にベルトを巻くことには3つの効果が期待できるのです。 腰全体に適度な圧迫を与えることができることで腰椎下部への負担を軽減させることができます。 2つ目は姿勢をきちんと保つことが可能になり頸椎の負担を軽減することができますし、3つ目は腰にベルトを巻くことで腰に保温効果が現れます。 水中ウォーキングをすることも予防になりますし、健康体を作り上げることにもつながります。 水中でのウォーキングは地上より重力の負担が少ないので、腰椎に負荷をかけず筋力を高めることが可能になります。 ただし、無理やり歩こうとすると腰椎に抵抗が掛かり過ぎて、逆に腰を痛めてしまう可能性もあるので、水中ウォーキングはゆっくり歩くように心がけることです。 また散歩やウォーキングも基本的な全身運動で予防と健康体作りにつながります。 このような対策があることを理解して実践してみると良いですが、決して無理をしないことも大切です。 ただ、何らかの症状が現れた場合には、骨盤の歪みやずれが最も多い原因と考えられるので、整体や整骨院で施術を受けることも考えてみると良いです。 静岡市葵区安西 坐骨神経痛なら、「静岡骨盤整体センター藤接骨院」にお任せください。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME