お知らせ

骨盤矯正 腰痛予防 生理痛改善 冷え 産後太り 藤接骨院 

 [記事URL]

こんにちは今回は骨盤矯正についてお話します。

長時間のデスクワークで座り続けていたり、立つときに片足に重心を乗せたり、下を向いたり内股や外股で歩いたり。何気ない行動が骨盤のひずみを生んで、辛い生理痛を引き起こすことがあるのをご存知でしたか?

骨盤の歪みが生理痛を悪化させる主な原因に、次のことが挙げられます。

・卵巣や子宮が圧迫される 
・骨盤内の血管が圧迫されるため、血液循環が滞る 
・生理周期に合わせた骨盤の開閉がうまくいかなくなる

その他にも、骨盤内の神経が圧迫されることから、脳から卵巣に届けられるホルモン分泌の司令がうまく伝わらなくなり、女性ホルモンのバランスが乱れることも生理痛の原因の一つとも考えられています。

1. 半月のポーズ

両足をそろえて立ったら、両腕を上に伸ばし、頭の上で両手を合わせましょう。肘や膝を曲げずに上半身を右にゆっくり曲げていきます。この時、腰は動かさないように意識して行います。

2. ねじりのポーズ

両足を真っすぐ伸ばして座ったら、左膝を立て右足の外側におきます。左手は後ろ、右手は左膝におき、息を吐きながら状態を左へねじっていきましょう。反対側も同様に行います。

3. お尻上げ運動

足の裏同士をくっつけて、膝を曲げた状態で仰向けに寝ます。腕は楽にし、顔は上に向け、足の裏が離れないようにしながらお尻を持ち上げます。余裕がある方は5秒キープ。その後、ゆっくりお尻をおろします。

初めは楽にお尻を上げる程度で大丈夫ですが、慣れてきたら、上体から膝までがまっすぐになるように意識して行いましょう。自分のペースで5回ほど行うのがオススメ。

4. お尻歩きエクササイズ

足をまっすぐ伸ばして床に座ったら、手を胸で交差させます。その姿勢のまま、お尻を交互に出して前に進んでいきます。10歩進んだら10歩下がるのを繰り返し、3~5分ほど続けましょう。

5. 骨盤回しエクササイズ

両足を肩幅くらいに開いて立ち、両足先の向きをまっすぐ揃えます。両手を腰に当てて、フラフープを回すように腰をゆっくり水平に回しましょう。左回り30回、右回り30回程度行います。

6. ガニ股&内股スクワット

両足を腰幅に開き、つま先をできる限り外側に向けます。両手を腰に置いてから、45秒かけてゆっくり腰を落としていきます。この時、背筋を伸ばして息は吐きながら行いましょう。15秒かけて、元の位置に戻ります。

今度はつま先をできる限り内側に向けます。両手を前に出して背筋を伸ばしてから、45秒かけて腰を落とせるところまで落としていきます。15秒かけて元の姿勢に戻します。

7. 合蹠(がっせき)前屈のポーズ

両足裏を合わせて膝を開いて座ったら、かかとを身体に引き寄せて足先を手で包むように持ちます。息を吐きながら上体を前に倒していきましょう。30秒ほどキープします。

骨盤矯正は藤接骨院焼津小川院 054-639-7772


季節の変わり目 頭痛 めまい 自律神経症状 焼津 焼津市

 [記事URL]

 

季節の変わり目は要注意!!

気圧変動で自律神経が乱れる
秋は気温の寒暖差とともに、気圧の変動によっても、自律神経のバランスを崩しやすい時期です。

気圧が下がったり上がったりすると、耳の奥にある内耳が敏感に感知

内耳とは、中耳のさらに奥に位置し、三半規管や前庭など体のバランスを保つ気管が集まっている部分です。

内耳が感じ取った気圧低下などの情報は、内耳の前庭神経を通って脳に伝達されて、

それによって自律神経はストレス反応を引き起こし交感神経が興奮状態になります。

その結果抑うつやめまいの悪化、心拍数の増加、血圧の上昇、慢性痛の悪化などの症状が現れます。

もともと人間は、ある程度の外部環境ストレスには耐えられるようになっています。

そのバランサーとして機能するのが自律神経です。

自律神経が正常に機能するためには、

暑い場所では汗をかき、必要な場所で血圧が上がるような自然環境が必要です。

しかし、空調が完備された環境で暮らしていたり、昼夜逆転するなど生活リズムが乱れたりしていると、

自律神経が整いにくくなります。その結果、気圧の影響についていけない体になってしまうのです。

 

◎気をつけること

朝食は必ず食べる

1日3食を守ることが大切ですが、特に朝食は、寝ている間に下がってしまった体温を上げ、自律神経を整えるのに大きな役割を果たすので欠かさないようにしましょう。
また、気象病対策にはビタミンB1が有効!

脳の栄養素・糖質を体内でエネルギーに換えてくれる働きをします。

ビタミンB1が多く含まれているのは豚肉、うなぎ、玄米などです。

 

ゆっくり長くできる運動をする

自律神経を安定させるために取り入れたい運動は、ウォーキングや軽めのランニング、水泳など、

ゆっくり長くできるものです。

なかでも水泳は自律神経の働きによい刺激を与えてくれます。

体温より低い水の中でゆっくり体を動かすと、体の代謝がじわじわと上がっていきます。

水の中をゆっくり歩くだけでも効果があります。

めまいや頭痛が出やすい人は、ストレッチや筋トレで首回りの筋肉をつけて、血流を促すといいですよ。


気象病 頭痛 ストレス めまい 自律神経の乱れ 藤接骨院 交通事故治療

 [記事URL]

「季節の変わり目にはめまいがする」「天気が崩れる前には頭痛がする」など、気象の変化によって持病が悪化することを「気象病」と呼んでいます。

人間は、ある程度の外部環境ストレスには耐えられるようになっています。そのバランサーとして機能するのが自律神経です。自律神経が正常に機能するためには、暑い場所では汗をかき、必要な場所で血圧が上がるような自然環境が必要です。しかし、空調が完備された環境で暮らしていたり、昼夜逆転するなど生活リズムが乱れたりしていると、自律神経が整いにくくなってしまいます。その結果、気圧の影響についていけない体になってしまうのです。

気象病を予防する為には自律神経を整えるのが大切です。

自律神経を整える方法としては次の方法があります。

 

 

①自律神経の乱れに効くのが、手首にある「内関」のツボです。内関はもともと、乗り物酔いや自律神経の乱れに効くツボ。ふらつきやめまいなどの症状が現れそうなときに刺激すると、症状が収まります。
両手首の内側にあるしわの真ん中から、ひじ方向に指3本分下がったあたりに、響くような感覚があれば、そこが内関です。左右の腕にありますが、特に痛さやだるさの感じるほうを主に刺激します。ツボは押しっぱなしだと、体が刺激に慣れてしまうので、こまめに押すようにしてください。つまようじの根元を使ってツンツンという刺激を繰り返す方法もよいでしょう。

 

 

②自律神経を安定させるために取り入れたい運動は、ウォーキングや軽めのランニング、水泳など、ゆっくり長くできるものです。なかでも水泳は自律神経の働きによい刺激を与えてくれます。体温より低い水の中でゆっくり体を動かすと、体の代謝がじわじわと上がっていきます。クロールや平泳ぎを何キロも泳ぐ必要はありません。水の中をゆっくり歩くだけでも効果があります。
めまいや頭痛が出やすい人は、ストレッチや筋トレで首回りの筋肉をつけて、血流を促すとよいでしょう。

 

 

③1日3食を守ることが大切ですが、特に朝食は、寝ている間に下がってしまった体温を上げ、自律神経を整えるのに大きな役割を果たすので欠かさないようにしましょう。
また、気象病対策にはビタミンB1が有効です。痛みや自律神経のメカニズムとも深く関係している、脳の栄養素・糖質を体内でエネルギーに換えてくれる働きをします。ビタミンB1が多く含まれているのは豚肉、うなぎ、玄米などです。

 

是非、気になった方は実践してみて下さい。

藤接骨院焼津小川院 054-639-7772


頭痛 自律神経 藤接骨院 焼津小川院 交通事故治療 骨格矯正 立体動態波

 [記事URL]

 

年に数回体調が悪くなることがある…。

振り返ってみるとそれは「季節の変わり目」と言われる時期だ、という人は多いのではないでしょうか?特に女性に多い季節の変わり目の体調不良ですが、男性や子供にもみられます。
具体的にこんな症状に心当たりはありませんか?

なんとなく「だるい」。どこが痛いというわけではないけれど、体がだるくて重い。気分もすっきりしなくてやる気が出ない…。どことなく「うつ状態」に近い症状が現れることがあります。特に雨が続く日や、どんよりした空模様の時などに現れがちです。

寝てるのに「眠い」。朝起きるのが辛く、日中もぼーっとして眠気に襲われることも。かといって夜すぐに眠れるわけでもなく寝つきが悪いため熟睡できず、翌朝はまたすっきり起きられない…の悪循環。睡眠時間は確保しているはずなのに眠い、という症状はありませんか?

ずーんと頭が重たい「頭痛」。頭が重く、じんわり締め付けられるような頭痛。そのほか刺されるような痛み、ズキズキする痛み、頭全体の痛み、偏頭痛…と人によって痛みの種類は様々ですが頭痛を訴える人は多くいます。

お腹の調子がおかしい「胃腸の荒れ」。いつもと同じ食生活を送っているつもりなのに、どことなく胃が痛んだりムカムカしたり便秘や下痢になったり。お腹が張っている感じやガスがたまりがちになることもあります。

気持ちが悪い・・・「吐き気」や「動悸」。突然の吐き気や、緊張しているわけでも運動したわけでもないのに動悸がする。立ちくらみやめまいなどが続き、日常生活にも支障をきたしてしまいそう…。心臓病などの病気を疑う人もいるかもしれません。

 

その大きな原因としては自律神経の乱れ。

自律神経は緊張した時や活発に活動している時にはたらく「交感神経」と、リラックスしている時や眠っている時にはたらく「副交感神経」があります。この二つがバランスを保っているのですが、季節の変わり目には様々な原因で自律神経が乱れやすくなります。

 

自律神経の乱れを予防する方法としては、

①自律神経のバランスを整えてやることが大切。なるべく同じ時間に起きて同じ時間にベッドに入る、規則正しい生活を送ることを心がけましょう。また食生活にも気を配り、栄養バランスのとれた食事を適量とるようにします。

②色々と考えることがあっても夜は頭を休めてしっかりと睡眠をとり、リラックスタイムを設けましょう。好きな音楽を聴いたりアロマを使ったり、ゆっくりと入浴するのもオススメです。

③睡眠をしっかりとれば、副交感神経のはたらきで疲れを癒してくれるはず。理想の睡眠時間は7時間程度と言われますが、長さよりも睡眠の質、つまり熟睡できているかどうかも重要です。就寝前にスマートフォンやパソコンの画面を長時間見つめると、寝つきが悪くなるので要注意。

④胃腸に優しい食事を摂るようにしましょう。特に腸内環境を整えるキャベツやアスパラガス・レタスなどの食物繊維を多く含む食材や、納豆などの発酵食品を意識してメニューに取り入れて。乳酸菌も悪玉菌を減らし、腸内を整えるはたらきのある善玉菌を増やすのに役立ちます。

⑤気温差に体が慣れれば症状は治まることが多いのですが、一枚羽織れるように上着を持っておく、温度調節のしやすい重ね着などを心がけると良いでしょう。オフィスやお店の冷暖房による寒暖差にも注意したいですね。

今回、紹介させていただいた5つの方法を是非みなさん実践してみて下さい。自律神経の乱れがない方でも疲労は毎日どんどん蓄積されていきます。溜まった疲労は突然、身体に襲い掛かってきます。忙しくても必ず休息の時間を取りましょう。

藤接骨院焼津小川院054-639-7772


季節の変わり目 痛める 痛めやすい時期 腰痛 焼津 焼津市

 [記事URL]

秋口に体調を壊しやすい理由とは

秋口に体調を壊しやすい理由は様々ありますが、

1番大きな理由として考えられているのは急激な気温の変化です。

 

9月に入ると、朝晩は少し気温も下がります。でも、日中はまだ暑い。。
そんな日々が続く9月は寒暖差も激しく自律神経のバランスが崩れやすくなってしまいます。

これが秋口に体調を壊しやすくなってしまう大きな要因になります。

また、夏場に冷たい飲み物をたくさん飲んだり、冷房下で長時間過ごしたりという生活をしていた方は、

身体の冷えによる疲れが残っている可能性もあります。

身体が冷えて、胃腸の機能が低下したまま秋を迎えると、

朝晩の気温の変化でさらに身体が冷えてしまうのです。特に、冷え性の女性は特に注意です。

身体の調子を整えずに、ずるずると冷え切った身体のまま過ごすと、

冷え性が悪化してしまうかもしれません。

 

季節の変わり目は風邪をひきやすくなるとともに体を痛めやすい時期でもあります。

体調管理には十分気を付けてお過ごしください!

もし体を痛めてしまったときは藤接骨院にいつでもご連絡ください。


交通事故治療 自賠責保険 むちうち症 しびれ めまい 藤接骨院 焼津小川院

 [記事URL]

おはようございます!今回はむちうち症についてお話します。

むち打ちでは、事故後すぐには痛みやしびれなどの症状が出ないことが多いです。交通事故直後、被害者は「自分がケガをした」ことに気づきません。そこで、被害者は、警察に「物損事故」として届出をしてしまいます。また、ケガをしていないと思っているので、病院にも行きません。しかし、その後2、3日が経過すると、だんだんと痛みやしびれ、めまいや耳鳴りなどが発生してくるのです。

しかし、そうなると多くの問題が発生します。

物損事故にすると、慰謝料を支払ってもらえない

1つは、物損事故として届け出ていることによる問題です。物損事故になると、物損事故の賠償金しか支払ってもらえなくなります。治療費や慰謝料、休業損害などの費用はまったく請求できません。治療はすべて自腹になりますし、酷い後遺障害が残っても、一切支払いを受けることができなくなります。

事故と症状の因果関係を証明できなくなる

もう1つは、病院に行っていないことによる問題です。事故後すぐに病院に行かないと、交通事故とむち打ちの症状の因果関係を証明することができなくなってしまいます。事故後数日してから痛みが発生したと言っても、相手からは「ケガは、交通事故後別の原因で負ったものだろう」と言われてしまいます。すると、やはり治療費や慰謝料などの支払いを受けられなくなってしまいます。

事故現場で痛みがなくても、「人身事故」にして「病院に行く」

そこで、交通事故時に衝撃を受けたら、たとえその場で痛みなどの自覚症状がなくても、必ず警察には人身事故として届け出るべきです。そして、現場での実況見分が終わったら、事故直後に病院に行って、受診しておく必要があります。むち打ちの場合に行く病院は「整形外科」です。

整形外科と併用して接骨院にも通院しましょう。整形外科では、根本治療を行っていません。後遺症をなくす、もしくは軽くする為にも接骨に通院する必要があります。接骨院に通う際は必ず保険会社に連絡して通院することを伝えましょう。交通事故治療には藤接骨院焼津小川院までご連絡下さい。054-639-7772


インナーマッスル アウターマッスル 焼津 焼津市

 [記事URL]

インナーマッスルとアウターマッスル

加齢によって衰えやすい下肢の筋肉は立ち上がり動作や歩行に主に作用する大腿四頭筋(だいたいしとうきん:太もも前面の筋肉)や大殿筋(だいでんきん:おしりの筋肉)4)があげられます。

歩行能力の低下や臀部や大腿部の痩せによって、大腿四頭筋や大殿筋などのアウターマッスルの筋肉量の減少や筋力低下は目につきやすく、筋力低下を予防するための運動も足上げやヒップアップなどが知られています。

 

インナーマッスル深部に位置しており、表面的には筋肉が確認しづらいことや関節や動作時の安定性などの

サポート的な働きからアウターマッスルに比べて目立ちにくい存在かもしれません。

 

しかし、「長時間姿勢を保持し続けること」「動揺の少ない安定した動作」

「方向や力の調節などの微細なコントロール」「柔軟性に富んだしなやかな動き」

「上下肢・体幹の協調した動き」「バランスの保持やバランスを崩したときに立ち直る動作」など、

長い時間活動し続けられること、バリエーション豊かな姿勢や動作を行うにはインナーマッスルとアウターマッスル双方のバランスのとれた働きが必要となります。

インナーマッスルを意識したエクササイズとしてはピラティスやヨガが有名ですが5年程期間が必要になります

 

普段何気なく座っているときでもお腹を引っ込めて背筋を伸ばしてみることや、日常生活の動作で大きく手を伸ばす、太ももを高く上げる、身体をひねるなどの動作を取り入れるように心がけることで、普段あまり使うことのない筋肉も働かすことができ、より多くの筋肉をバランスよく使えます。大きく身体を動かしてみることで、自分の身体の硬さや左右差、苦手な動作や姿勢にも気づくことにもつながるでしょう。

 

当院ではインナーマッスルを作ることがたった3カ月でできます。

痛みのない身体を作るためにもインナーマッスルが必要になります

気になる方は藤接骨院までご連絡ください!

[tel:054-639-7772]


前脛腓靭帯損傷 下腿前傾 焼津 藤接骨院 焼津院

 [記事URL]

こんにちは藤接骨院です

今日は前距腓靭帯損傷についてお話をしていきます

 

スポーツ復帰のポイント

足関節捻挫は足先を伸ばした状態で起こることが多いためスポーツ復帰するときは足首が少し曲がる程度で横に体重がかかる時でも安定が出来るように側方安定性を高めることが必要になります

この動作が出来ないままスポーツをしてしまうとまた痛みを繰り返し足の関節不安定感が出ることが多くあり慢性的に足関節が不安定になる方も多いのが現状です

 

足関節前面に痛みが出る理由

足関節捻挫を繰り返す症例では距踵関節の不安定性が挙げられ距骨下面と踵骨の3つの関節面を距踵関節と呼びます

この関節の不安定性は距骨下関節不安定症といいますこの関節の安定性を保つ靭帯に外側距踵靭帯があり足首を小指側に開く動きで使われる筋肉です

足の捻挫を繰り返す例では前距腓靭帯や踵腓靭帯、外側距踵靭帯も機能を低下していることがあります

 

このように筋肉や骨以外にも靭帯や骨の連なりである関節が負担がかかっている場合は他の場所も負担がかかっていることが多くあります

その負担を検査することが当院ではできるのでお困りの方がいらっしゃいましたらご連絡ください


前距腓靭帯損傷 焼津 藤接骨院 焼津院

 [記事URL]

こんにちは藤接骨院です

今日は前距腓靭帯の圧痛についてお話をしていきます

 

前距腓靭帯の構造

脛骨と腓骨というすねの骨は脛腓関節を作っており前脛腓靭帯と後脛腓靭帯や下腿骨間膜という膜でくっついている

前脛腓靭帯損傷は足をひねった時になりやすいですがつま先を伸ばした状態で捻挫することが多いと言われています

このような症状で多いのはコンタクトスポーツで多く痛めてすぐはアイシングをして冷やすことやテーピングで固定をすることが大切になります

その処置の仕方を誤ると今後も痛みを伴うなど生活に支障をきたす場合が多くあるので受傷したらすぐに処置をし痛みを取っていく事が必要になり当院では痛みが出ている場所の原因を調べていくことが出来ますので痛くなったらすぐにご連絡ください

 


靴の選び方 外反母趾

 [記事URL]

足は「第2の心臓」とも言われ、血液を心臓に戻すポンプの役割もあります。

心臓や脳から遠い位置にある足は、血液が心臓に戻りにくいのですが、地面を踏んだり足を上げるときに

筋肉が収縮したり緩むことによって、血液を心臓に押し上げてくれます。

 

足のサイズに合わない靴は、歩きにくく疲れを感じやすくなります。

また外反母趾やタコができるなど足を痛める原因になったり、足の形が変形してしまうこともあります。

足だけでなく、全身にも影響が出ることもあります。足元のバランスがよくないと、血液の流れが滞ったり、

身体のバランスが歪んでしまうこともあるそうです。

 

 

靴選びの基本

【ポイント1】かかと
かかとは足の土台です。かかとがパカパカ脱げてしまう靴は、不安定になりやすいので避けましょう。かかと部分が柔らかすぎず、適度に固さがあり、かかとになるべく隙間のないものを選びましょう。

【ポイント2】つま先
足の甲まわりを靴がしっかり押さえてくれると、足と靴の一体感が増します。履き心地の良いものは、靴が軽く感じられて無駄な動きが少なくなります。つま先部分は、なるべく隙間がなくピッタリした靴を選びましょう。甲に合わせて調整できる紐付きタイプもオススメです。

ただし、革素材は履き込むことによって素材が伸びるため、購入時は「もう少し余裕があってもいいかな?」と思うくらいが良いそうです。ただ、馴染み方は靴の形や素材によって異なるので、目安として覚えておきましょう。

【ポイント3】足幅
ほとんどの人が、自分の足幅よりも大きい靴を履いていることが多いそうです。親指と小指の付け根の部分に靴が当たらないくらいだと、逆にタコや靴ずれの原因となります。自分の足幅に合った靴を選びましょう。

【ポイント4】靴のサイズ
自分の足の長さよりも0.5cm~1cmの余裕を持った靴がよいそうです。ただし、あまりにも余裕がある靴は避けましょう。実際の靴の長さは各メーカーによって異なるので、試し履きをしてみましょう。靴の中敷を取り出して自分の足を置いてみて、サイズを確認してみてください。

【ポイント5】つま先の形
足のつま先の形も人によって異なります。
つま先の形は大きく3つに分けられ、それらに合った靴の形を選ぶこともポイントです。


前距腓靭帯損傷 足首 焼津 藤接骨院

2018-09-06 [記事URL]

こんにちは藤接骨院です

今日は足首の捻挫についてお話をしていきます

 

足首の関節の構造について

脛骨内果という足の内くるぶしと脛骨下端というすねの骨と腓骨外果という外くるぶしで距骨滑車関節という関節をつくり

踵の骨の踵骨と距骨というかかとの上にある骨で距踵関節を作ります

この関節を包み込んでいるものが靭帯です

ここの靭帯は外側側副靭帯と言われ3種類あり

外くるぶしの前と距骨の上を結ぶ前距腓靭帯

外くるぶしから踵の外側にむかって斜めに包む踵腓靭帯

外くるぶしの後ろから距骨の後ろを外側に向かって走る後距腓靭帯

この3つの中でも前距腓靭帯は傷みやすく足関節の外側側副靭帯損傷はつま先立ちで内側に捻ることでよく起こると言われている

この外側側副靭帯の3つの中では前距腓靭帯損傷が圧倒的に多く痛みが長続きする方が多くいます

当院にお越しの方はそのようなお悩みなく卒業していくのでお困りの方がいらしたらぜひ当院におこしください


腰痛の原因 痛みの予防  焼津 焼津市

 [記事URL]

インナーマッスルとは?

インナーマッスルは身体を動かすための筋肉ではなく

姿勢を保つ、関節の位置を正常に保つ、といった体の安定を支えてくれる筋肉です。

インナーマッスル(身体を支える)は、アウターマッスル(身体を動かす)よりも

疲労しにくい持久性があるという特徴があります。

 

例えば、年齢と共に衰え始める(二十歳から1%落ちていくといわれています)

腹筋のインナーマッスルを鍛えることで、内臓脂肪の燃焼を促すだけでなく、インナーマッスルが衰えることで
下がってしまっていた 臓器を正しい位置へと戻す作用があります

 

■姿勢が整えられ、美しいプロポーションになる
■筋肉がつくことで、腰や肩の負担が軽くなる
■太りにくくなる
■リバウンド予防につながる

このようにインナーマッスルを鍛えることで、さまざまな効果が出てきます

当院ではこのインナーマッスルを最短で鍛える機械があります。

スタイルが気になる方はもちろん痛みにお悩みの方、痛みのでないお身体になりたい方は

ぜひ鍛えてみてください!

 

身体のことなら藤接骨院焼津小川院にお任せください!

TEL054-639-7772

 

 

インナーマッスルを基礎代謝アップ!?

インナーマッスルを基礎代謝アップ!?

現代では、筋肉を使う労働がかつてよりも減りました。
家事は家電製品が行ってくれますし、電車やバス、エレベーターやエスカレーターがあることで、歩く量も少なくて済みます。
しかし、日本人の摂取エネルギー量は減っていません。
そのため、どうしても太りやすくなってしまうのです

そこで注目したいのが、基礎代謝です。

基礎代謝は私たちの体を維持するために、臓器を動かす、体温を保つなど生きていくうえで必要となるエネルギーです。
基礎代謝は、女性だと15歳以降に低下し始めてしまうため、基礎代謝を上げるためには意識的なトレーニングが必要となります。

基礎代謝をアップさせるには、インナーマッスルを鍛えることが欠かせません
インナーマッスルを鍛えて筋肉量が1kg増えると、基礎代謝が1日あたり50キロカロリー増えると言われています。


お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME