骨盤矯正 骨盤の歪み 尿漏れ 

骨盤矯正 骨盤の歪み 尿漏れ 

 

思いもよらないことで、予期せぬ尿もれの経験はありませんか?咳やクシャミをした時、大笑いをした時、大声を出した時、階段を駆け下りた時、重い荷物を持ち上げた時などなど。これは、ほとんどの場合、骨盤底筋群の弱化が原因です。骨盤底筋群の役割と尿漏れの関係、骨盤底筋群が弱るとでてくる症状、骨盤底筋が弱る原因をご紹介します。

 

女性の尿漏れは弱まるの骨盤底筋群が原因?

現代社会において、20代でもあるといわれる尿もれ。でも、尿もれは恥ずかしい!という気持ちから、知られたくない、気づかれたくないと、1人で悩まれている方も決して少なくありません。

1961年に生理用ナプキンが開発されるまでは、脱脂綿にちり紙を巻いたり、使い古しの布を縫ったものなどを作って生理時に使っていたんです。

なぜ、その程度のもので生理期間を過ごせたのか、分かりますか?それは、骨盤底筋群を含めた骨盤周りのインナーマッスルが強かったから、骨盤底筋の力で膣を締めて、経血がでないようにし、用をたすときに一緒に出すというコントロールしていたからなのです。すべてナプキンやタンポンに委ねている現代女性には、考えられないことですよね。使わずにいる時間が長くなると、使い方を忘れ、使えなくなっていきます。

尿漏れも関係?骨盤底筋群の役割

骨盤底筋は股間に3層になってついている9個の小さな筋肉の集団、骨盤底筋群です。この筋肉たちの役目は、骨盤内の臓器を支える役割と腹腔を安定させるコルセットの一部としての役割と排泄をコントロールする役割。

それは、内臓を下からしっかり支え、体幹を安定させる為に締めることと、尿、便、経血を出すために緩ませること。その相反する仕事をする骨盤底筋だからこそ、エラーが起きると双方のコントロール力が失われます。

尿漏れなど、骨盤底筋群が弱りで起こるトラブルとは

骨盤底筋が弱まり使えなくなると、実際どんなことが起こり得るのでしょうか?

骨盤底筋群が弱く使えなくなると、尿漏れや頻尿という尿トラブルが起きやすくなります。その他にも、ボディラインが崩れやすくなり、ぽっこりお腹、タレ尻、猫背やO脚X脚、太脚などにも・・・。肩こりや腰痛が慢性化したり、浅い呼吸にも影響があると言われています。さらには、臓器脱がおきることも。生活スタイルが変わってしまうことも。。

 

骨盤底筋が弱る原因

・妊娠出産
・肥満
・加齢
・運動不足
・筋力不足など

 

 

主に骨盤矯正や骨盤回りの筋肉を鍛えれば解消することができます!

当院ではどちらも治療することができますのでお困りの方はご連絡ください✨

 

藤接骨院焼津小川院にご連絡ください

TEL054-639-7772

 

 


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME