自律神経の乱れ 骨格の歪み 不眠 めまい 頭痛 骨格矯正 藤接骨院 焼津接骨院 交通事故治療 骨盤矯正 猫背矯正

自律神経の乱れ 骨格の歪み 不眠 めまい 頭痛 骨格矯正 藤接骨院 焼津接骨院 交通事故治療 骨盤矯正 猫背矯正

自律神経の乱れを整える<1>朝にする5つの生活習慣

その1 朝日を浴びる 

朝、起きたらカーテンをあけて日の光をたっぷり浴びましょう。睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が抑制され、一日の活動を開始するモードに入ります。ここで停止されたメラトニンの分泌は14~15時間後に再び開始され、夜、自然に「眠い」と思える身体のリズムができます。

その2 コップ1杯の水を飲む

意外に思われるかもしれませんが、食べ物を消化するのは夜眠っている間です。消化活動を担うのは副交感神経ですから、ぐっすり眠ると朝には消化を終え、胃腸はきれいな状態になっています。そこへ常温の水を入れてあげると、車にエンジンをかけたアイドリングの状態になり、「これから活動をスタートするぞ」という身体の状態になるのです。前の晩にアルコールを飲みすぎたり、便秘になっている場合は、硬水のミネラルウォーターを飲むと、塩分調整ができて体調が整いやすくなります。

その3 朝風呂に3分間入る

心臓や血管の病気がなければ、朝風呂は交感神経を高める有効な手段です。41℃くらいのお湯に3分間つかるだけ。シャンプーや身体を洗うことは不要です。長く入り過ぎると副交感神経のスイッチが入ってしまうので気をつけて。

その4 朝食はフレッシュ野菜と発酵食品

朝、一口目に食べる食材は必ず野菜、できれば生のものにしましょう。サラダ、漬物、グリーンスムージーなどを最初に食べることで代謝が良くなり自律神経を整えやすくなります。

また、腸内環境を整える発酵食品もぜひ取り入れてください。夜の間に「善玉菌」を使って盛んに消化を行った腸内に、良い菌を補充する必要があるからです。納豆、味噌、チーズ、キムチ、ヨーグルトなどを食べることで腸が元気になります。朝、腸内環境を整えることで、日中は消化の働きが弱まり、夜中の胃腸の動きを活発にさせることができるのです。

その5 歯磨きタイムに自己暗示

歯磨き中、鏡で自分の顔を見ながら「今日も生きているありがとう」といった感謝の言葉を心の中で唱えましょう。一日の中では嫌なこと、辛いことがたくさん起こるかもしれませんが、朝のこの儀式で幸せホルモンである「セロトニン」を大量放出させておくのです。介護はイライラすることが多くなりがちです。でも、セロトニンがたっぷり出ていると、少しくらいのことでは腹が立たず、笑って過ごせるようになるのです。


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

藤接骨院 焼津院のLINE友達登録をして
「ホームページ特典を使用したい」とお伝えください。

※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

(初回検査とは?)
問診・お悩みの相談・姿勢分析などひとりひとりに合わせた提案をさせていただきます

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前9:00~13:00 午後16:00~20:00
土曜日 午前8:00~12:00
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME