腰痛 予防 腹圧を高める 焼津市 焼津小川

腰痛 予防 腹圧を高める 焼津市 焼津小川

腹圧を高める腹式呼吸の効果で腰痛が予防できる

腰痛になりやすい人は腰痛になったことがない人に比べて、

お腹をふくらませる力である腹圧が40%も弱いことがわかりました。空気を大きく吸い込むとお腹がふくらみますこのお腹をふくらませる力が腹圧です。腹圧を高める腹式呼吸の効果で腰痛を予防する方法を紹介します。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

腹圧が弱いと腰への負担増

腹圧は体の芯を安定させて体のバランスを保ちますこのため、腹圧が弱いと腰への負担が増えてしまうのです。

 

腹圧を高めるトレーニング

腰痛を予防するためには腹圧を高めることがポイント。そして、腹圧を高めるトレーニング腹式呼吸です。腹式呼吸は鼻からゆっくり息を吸い込み、口から吐きます。お腹に手を当てて、動いているかを確認して20回ほど動かしましょう。

なお、腹式呼吸で動かしているのは見た目上はお腹ですが、実際の効果は横隔膜の上下にあります。お腹をふくらませると横隔膜が下がり、お腹をへこませると横隔膜が上がるのです。

横隔膜が下がると肺のスペースが広がって、より大きく息を吸い込むことが可能。さらに息を吐くときに横隔膜が上がると肺のスペースが縮んで、より大きく息を吐き出せるのが腹式呼吸の効果というわけです。

 

腹圧を高めてぽっこりお腹を解消

腹圧を高めることは、ぽっこりお腹の解消にも効果的です。というのも、胴体の上部は肋骨で囲まれた胸郭、そして下部には骨盤という頑丈な構造になっています。しかし、その間に挟まれた腹部には背骨以外の骨格はありません。

そして、骨格の代わりに腹部を支えているのが腹圧というわけ。そして、腹圧を左右するのは、腹横筋と内腹斜筋、背筋群の多裂筋、腹腔の天井にあたる横隔膜、そして骨盤の底を支える骨盤底筋群の4つのインナーマッスルです。

ここで腹圧が弱いと、腹部は上下から押しつぶされてふくらんでしまい、内臓群が前面に押し出されてぽっこりお腹となります。逆に腹圧が高まると、自然と背筋が伸びて内臓群もスリムに収まるようになり、お腹ぽっこりが解消するのです。

腹圧を高めることはスポーツでも重要

腹圧を高めることはスポーツの現場で重要視されています。腹圧を高めることがスポーツで重要視されるのは、お腹のインナーマッスル群をサッカーボールに見立てると理解しやすいでしょう。

スポーツの動作では上半身と下半身の連動が大きなパワーを生み出します。しかし、腹部の空洞に入っているのが空気の抜けたサッカーボールでは、そこでパワーを吸収されてしまうでしょう。

しかし、空気がしっかり入ったサッカーボールが腹部の空洞に入っていれば、下半身の力を上半身に伝えるのにもロスがありません。腹圧を高めることは、そのままスポーツの動作やパフォーマンスに好影響を及ぼすのでした。

 

腰痛で悩んでいる方!!

ぜひ腹式呼吸をお家でやってみてください!

 

 

体のことなら藤接骨院焼津小川院にお任せください!

TEL054-639-7772


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME