腰痛 ギックリ腰 インナーマッスル 藤接骨院 焼津小川院

腰痛 ギックリ腰 インナーマッスル 藤接骨院 焼津小川院

こんにちは!今回は腰痛改善方法をご紹介します。

腰痛をやわらげるビタミンB群、血行を良くするビタミンE

長時間同じ姿勢をとることなどで筋肉や神経が疲れ、それが原因となって、腰痛になることがあります。そのようなときは、ビタミンB1とビタミンEをとると良いでしょう。

ビタミンB1には、筋肉や神経の疲れをやわらげる働きがあります。ビタミンEには、血液の流れを良くし、筋肉の緊張を取る働きがあるので、痛みをやわらげるのに役立ちます。また、ビタミンB1・B6・B12は神経ビタミンといわれ、神経がうまく働くために大切な栄養素です。ビタミンB1とともに、ビタミンB6とB12もとるように心がけましょう。

 

急性は冷やし、慢性は温める

患部に直接働きかける方法として、患部を冷やす方法と温める方法があります。どんなときに冷やし、どんなときに温めれば良いのでしょうか。
原則として、熱を持っているような炎症状態の急性の痛みは冷やし、慢性の痛みは血行を良くするため温めてください。
わからないときは、どちらかやってみて気持の良い方を採用すれば良いでしょう。冷やすべきときに温めると具合が悪いと感じるはずです。

 

ストレッチをする

痛みをやわらげる体操です。
主に背筋と腹筋を鍛え、腰椎部の弯曲を矯正して痛みを和らげます。それとバランスの取れた運動を行うことで血液の循環状態を良くします。
(朝、晩2回は行なってください)

腰痛解消体操

≪1.腹式呼吸≫

ひざを立てて、あおむけに寝ます。つぎに両手をほほに付けて、鼻からゆっくり、思いきり息を吸いこみ、口からゆっくり息を吐きます。これを4~5回くり返します。

≪2.腹筋の強化≫

腹式呼吸の姿勢から5秒くらいかけて、ゆっくりと上体を起こします。肩が床から25cm程度上ったところで約5秒間、この姿勢を保ち、また5秒ほどかけて、頭を床にもどします。

≪3.背筋を伸ばす≫

できるだけ股を広げ、ひざを手前にひき寄せ、両手で両ひざをかかえます。頭や肩は床についたままで行ってください。

≪4.腹筋をほぐす≫

両手をほほに付け、あおむけに寝た姿勢から、上体はそのままで片足をもう一方の足の上にクロスします。クロスさせた足はベッドやフトンの外にたらして、このときに腰をひねります。この運動を左右くり返しましょう。とくに痛い側を念入りに行ってください。

≪5.繰り返し≫

以上の運動を4~5回くり返してください。

 

痛みが酷い場合は動かさず、安静にし、お近くの治療院で診てもらいましょう。

藤接骨院焼津小川院054-639-7772


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページ特典を使用したい」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。
※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

(初回検査とは?)
問診・お悩みの相談・姿勢分析などひとりひとりに合わせた提案をさせていただきます

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前9:00~13:00 午後16:00~20:00
土曜日 午前8:00~12:00
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME