猫背矯正 姿勢改善 骨格の歪み 骨格矯正 骨盤矯正 藤接骨院 交通事故治療 焼津接骨院

猫背矯正 姿勢改善 骨格の歪み 骨格矯正 骨盤矯正 藤接骨院 交通事故治療 焼津接骨院

猫背(姿勢)は胸を張っても治りません!

  • い間猫背で悩んでいる
  • 猫背を治そうと頑張ったけどダメだった
  • 猫背は胸を張れば治るんじゃないかと思っている
  • 親も猫背だから、骨格は遺伝する、と思っている
  • 服を着た姿が美しく見えなくて悩んでいる

これらのどれか一つでも当てはまるならぜひ最後までお読みください。

未来が明るくなるヒントが見つかるはずです。

姿勢が悪い事の間違った認識

「姿勢が悪いから胸を張りなさい!」と親に言われた事、ありませんか?

胸を張ろうと子供心に頑張った。でもすぐに元に戻ってしまった・・・。

自分でも姿勢が悪いのを治すしたいと思って頑張ったにも関わらず、良くならなかった・・・

そんな思いをしませんでしたか?

猫背は胸を張っても治りません。

なぜなら、猫背や姿勢が悪い事の原因は、ほとんどの場合胸や背中ではないからです。

そもそも良い姿勢とは?

「耳」「肩」「腰」「膝」「くるぶし」

が一直線上にあるといい姿勢です。

この状態だと頭の重さが背骨にしっかり乗って、体重を支えやすくなるので筋肉の緊張が少なくなり、体への負担が減ります。姿勢が悪い人はこの姿勢になっていません。

姿勢が悪い原因は脚や腰の影響が大きい

姿勢が悪い・猫背の場合、どうしても上半身に目がいきやすいです。

ですが、実は下半身の歪みの影響が大きいです。

実際の例を見ていきましょう。

(写真掲載はお客様の許可を頂いております)

この写真を見るとくるぶし~耳の体の軸のライン(黄ライン)が、全体的に前に倒れている事がわかります。

こちらのお客様の場合、体の軸がだいたい6~7度ほど倒れていました。6度というと、大したことがないように感じてしまう人が多いかもしれません。

突然ですが、ピサの斜塔というイタリアの斜めになっている建物をご存じでしょうか?

ピサの斜

かなり倒れているように感じますよね。おそらく写真で見たことがある方も多いのではないでしょうか。こちらのピサの斜塔は、何度倒れているかご存知でしょうか?

答えは、5.5度です(1990年~2001年の間に改修工事をして、現在は3.99度)

なぜ名物である「斜め」を改修しなければいけなかったのでしょうか?斜めであればあるほど観光客は来ますよね。それでも改修工事をしなければいけなかったのには、もちろん理由があります。

その理由とは、「負担が大きすぎて倒壊の危険性があったから」です。丈夫なはずの建物でさえも斜めである事は相当危険です。まして生き物である人間がその状態で長い時間いる事は身体にかなりの負担をかけています。

先ほどのお客様の場合、6~7度倒れていたので、ピサの斜塔より倒れていました。当院にいらっしゃるお客様で姿勢にお悩みの方は、皆さん体の軸が前傾しています。傾きが少ない人で4度、ひどい傾きの方は12度ほど(ピサの斜塔の2倍以上!)倒れていました。それだけ倒れていれば体へ相当な負担がかかってしまいます。

そもそもなぜ傾いて歪んでしまうのか?

ここでもう一度お客様の写真を見てみましょう。

下半身を見ると、脚の軸が前に倒れているのがわかります。

下半身が前へいってしまうため、上半身でバランスをとるために腰~背中を反らせます。

今度は腰背中の反りが強くなってしまうため、バランスをとるために頭を前にもっていきます。

猫背の根本的な原因は?

姿勢が悪く感じてしまう場合、背中や胸に意識がいってしまいます。しかし、姿勢が悪くなってしまう根本的な原因は脚や腰にあります。ですので、姿勢を整えるためには下半身から施術をしていく必要があります。

施術前と比べるとまっすぐになってきているのが分かります。このお客様だけでなく、ほとんどのお客様が一回目でも変化を体感して頂いています。

背中が丸くなっているのは、バランスを取ろうとした結果丸くなっています。ですので、そこだけ胸を張って良くしようとしても無理が出てしまいます。結果的として長続きしません。

天翔整体では、足首→腰→背中→肩へと、緊張が強いところから順番に施術をしていきます。

そうする事で姿勢を早く整えていく事ができます。また、脚、腰と根本から施術していく事で良くなった姿勢は長くもつようになります(実際、何度か来て頂き姿勢が良くなったお客様がまた来院される時がありますが、間隔はかなり空きます)。

継続して行き続けないといけないのでは、猫背が治ったとは言えないですよね。最初だけ何度か来て頂ければあとは長年悩んだ猫背とはサヨナラできます。

猫背にまつわる「よくいただくご質問」

Q.胸を張っていれば猫背はよくなりますか?

A.ほぼ、良くならないと思ってください。

というのも、上にも書いたように原因が胸や背中にあるわけではないからです。長い間姿勢が悪くなっている方の場合、全身の筋肉が固くなっている事が多いです。そういう場合には最終的に背中や肩の筋肉も緩めます。ですが、1番最初にほぐさなければいけない場所は背中ではなく、脚や腰からです。

胸だけ張っていても猫背が良くなる事は可能性としてはかなり低いです。

Q.自分で姿勢をチェックする方法はありますか?

A.あります

●全身が映る鏡で見る

●デジカメや携帯で自分の横からの写真を撮ってもらう

などの方法で横からの姿を見ると良いですよ。

また、壁に背中をつけて、頭・背中・腰・かかとが無理なく自然につけばよい姿勢です。

Q.親が猫背で、私も猫背です。それでも良くなりますか?

A.よほどの事が無い限り大丈夫です。

先天的に骨に異常がある、骨の数が少ないなど、特殊な事情のある方以外はほぼ大丈夫です。姿勢が悪くなっているのは骨が変形しているのではありません。筋肉の緊張によって良い姿勢をとりにくくなっているだけです。

親が猫背で子供も猫背の場合、よくあるのは「猫背になる生活習慣を持っている」事です。寝ころんだまま本を読む、脚を投げ出してソファーに座る、など無意識にしている習慣の中に猫背になる要素を持っているのでしょう。そうする事で特定の筋肉の緊張が生まれてしまいます。それが猫背につながります。親が猫背でも安心してお越しください。

Q.猫背でいる事のデメリットはありますか?

A.下記のようなデメリットが考えられます。

  • 見た目が良くない
  • 見た目が良くない
  • 服を着た姿が美しく(かっこよく)見えない
  • 自信がなさそうに見える
  • 集中力がなくなる
  • 疲れやすい
  • やる気が出ない
  • 呼吸が浅くなり、イライラする
  • 寝起きが悪くなる
  • スポーツの記録が伸びない

猫背になると脳に酸素が回りにくい

猫背になると・・・

胸を張れない

呼吸時に肺が広がらない

酸素を取り込む能力が落ちる

脳に届く酸素が少なくなる

脳が活性化しない

「眠くなる」「集中できない」「やる気がでない」「ライラしやすい」「寝たりない」

などの症状になります。

スポーツの記録も伸びにくい

姿勢が悪いという事は、全身の筋肉の緊張が強くなっています。そうすると、筋肉の力を100%引き出す事が難しくなります。また、酸素を取り込む力が落ちるので、持久走などの競技の場合に疲労が早く出てしまいます。もちろん疲労の回復も遅くなります。


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページ特典を使用したい」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。
※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

(初回検査とは?)
問診・お悩みの相談・姿勢分析などひとりひとりに合わせた提案をさせていただきます

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前9:00~13:00 午後16:00~20:00
土曜日 午前8:00~12:00
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME