子供猫背 猫背矯正 姿勢改善 藤接骨院 焼津小川院 交通事故治療

子供猫背 猫背矯正 姿勢改善 藤接骨院 焼津小川院 交通事故治療

こんにちは、今回は子供猫背についてお話します。

子供猫背弟子が、どんな影響をおよぼすのでしょうか、、、

姿勢が悪いことで起こる一次的な問題として挙げられるのは、呼吸が圧迫されて酸素を取り入れにくくなる、筋肉が硬くなる、腸など内蔵の働きが悪くなるなど、主に体の不調です。

二次的な問題としては、姿勢が悪いことによって、覗き込むように字を書いたり、目を斜めに使ってしまったりすることで、継続して勉強ができずに学力が低下することが挙げられます。また、姿勢が悪いと柔軟性がなくなり、つまずいたり転んだりしやすくなるので、ケガも増えてしまいます。

姿勢が悪くなる習慣とはなんでしょう。

1,柔らかいソファに深く座る、ソファの上で胡坐をかく

2.椅子の高さが合っていない

3、偏った運動ばかりする

4、足の裏を使わない

のが原因になります。改善方法は、

良い姿勢への意識を持つ

悪い姿勢になっているときに声をかけて気づかせることが大切です。ですが、「姿勢が悪くなっているよ」という声かけだけでは、子どもはどうしたらいいかわかりません。「もう少し頭の位置を後ろに」とか「お尻や腰の辺りをもう少し真っすぐに」など、具体的にどうしたらよいのか教えてあげましょう。親や兄弟と、どちらの姿勢がいいか競争するのも良いでしょう。

ものまね細胞を刺激する

脳細胞の中には、ミラーニューロンというものまね細胞があり、目の前にいる人を見るだけで、その人が使っているのと同じ部分が活性化されます。つまり、親の姿勢が無意識にコピーされるというわけです。親は、子どもの正面に座ったときだけでも良い姿勢を心がけてみてください。

外遊びをまんべんなく

公園などで遊ぶ際に、すべての遊具を一通り遊んでみるといいでしょう。身体をバランスよく使うことが、良い姿勢を保つために役立ちます。

小脳を鍛える

小脳が鍛えられていく様子は、「自転車に乗れるようになる」ことで考えるとわかりやすいです。はじめは体の使い方やバランスのとり方がわからずに転びますが、繰り返し練習していくうちに、コツをつかめるようになり、最後は転ばずに乗れるようになります。

同じ動作を繰り返し行い、失敗しながら繰り返すことで、失敗方法が小脳に蓄積されていくのです。やがて、成功(正しい体の使い方)をマスターしたら、これまでの失敗したやり方を小脳の中に封じ込めてしまいます。

このようにして、一度経験学習したことは記憶され、いつでも引き出せるようになります。自転車に10年ぶりに乗っても転ばないのは、こういう理由です。つまり、「小脳を鍛える」=「繰り返し失敗経験をさせる」ということになります。

ですから良い姿勢だけでなく、あえて悪い姿勢も覚えさせましょう。両方覚えることで、良い姿勢が引き出しやすくなります。幼児期のうちに良い姿勢を身につけておくとよいでしょう。

猫背矯正藤接骨院焼津小川院へご連絡下さい。054-639-7772


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

藤接骨院 焼津院のLINE友達登録をして
「ホームページ特典を使用したい」とお伝えください。

※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

(初回検査とは?)
問診・お悩みの相談・姿勢分析などひとりひとりに合わせた提案をさせていただきます

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前9:00~13:00 午後16:00~20:00
土曜日 午前8:00~12:00
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME