子供の猫背が及ぼす影響(デメリット)

では子供にとって猫背とは、どのようなデメリットを持つのでしょうか?

① 肩こりや腰痛を発症しやすくなる。

② 長時間落ち着いて座る事が出来なくなる。

③ 長時間同じ姿勢をとることが難しくなる事で集中力が途切れやすくなる

以上のような悪影響が出てきます。また、子供の頃から猫背だと、骨や関節が柔らかい発展途上の体つきをしているのにかかわらず、

「肩こり」や「腰痛」、「首が回らない」といった大人と同じような不調も起こりやすくなります。

大人の猫背は心の病気や脳の病気等を引き起こしますが、

子供の場合、成長ホルモンが抑制されてしまい、学力の低下や運動能力の低下等を招く恐れがあります。