外反母趾  浮指 藤接骨院 焼津接骨院 交通事故治療 骨盤矯正 骨格矯正 猫背矯正

外反母趾  浮指 藤接骨院 焼津接骨院 交通事故治療 骨盤矯正 骨格矯正 猫背矯正

外反母趾の本当の原因『指を使って生活していない』

外反母趾の原因をひと言で表現するのならば【指を使って生活していないからと言えるでしょう具体的には・・・

①指で体重を支えて立っていない

②指で体重を支えて歩いていない

という実はとてもシンプルなものです。

あまりにシンプル過ぎるので、外反母趾の改善法ついて今までこの点が見落とされていて

外反母趾=ハイヒールが原因というイメージが強いため、履き物だけに注意が向けられてきました。外反母趾は『指を使って生活していない』という悪い生活習慣により足が退化して機能が損なわれ発症した、いわゆる『足の生活習慣病』です。ですから、 装具・テーピング・サポーター・インソール・外反母趾対策の靴を使用しても、指を使わない生活習慣を変えなければ外反母趾の根本的な改善には至りません。

①指で体重を支えて立っていない

外反母趾の方は体の重心が後ろに片寄っていて、踵に体重をかけ過ぎて立っている傾向があります。このため、指が体重を支えなくなるので屈筋(指を握る筋肉)が退化して指が浮き上がり、浮き指となります。

手の平から指までしっかり地面に着けて体を支えることで、体のバランスを安定させて逆立ちをすることができます。

この時、手の指は真っすぐ伸びた状態ですが、主に握る作用の筋肉が働いて体を支えています。

の違いで足裏の荷重状態が表示され、体重のかかり具合が高い順に、白・赤・黄・緑・青と変化していきます。

青色の部分は地面に接地していないことを表していますが、ほとんどの外反母趾の方がこのような状態です逆立ちをした時に、指を浮かして手の平だけで体重を支えようとすると非常に安定性が悪くなるため、バランスを調整して安定を保とうとして体に余計な負担をかけてしまいます。

外反母趾の方もこれと同じで、指が体重を支えていないために自分では気づかずに、体に余計な負担をかけて生活しているのです。

足の指は手の指と比べて日常生活で握る動作を行わないので、握る筋肉の必要性があまり感じられませんが、この筋肉は逆立ちしている時の手の指と同じように、地面に着いて体重を支える時に働きます。

ですから、浮き指のように指を浮かして足裏だけで体重を支える生活を続けていると、握る筋肉は退化していきます。

②指で体重を支えて歩いていない

指を使わずに指の付け根で歩いている状態で外反母趾の原因となる『悪い歩き方』は【指を使わない歩き方】のことで、もっと細かく分析すれば【歩行サイクルの中で指が体重を支えていない歩き方】です。外反母趾・内反小趾・浮き指・開張足などの変形は、指が体重を支えていないことで指の筋力が低下して退化した結果です。また、指ではなく指の付け根で体重を支えて歩くため、指の付け根にストレスが蓄積されて痛みが出たりタコや魚の目ができたりします。これに加えて踵からではなく足裏から接地して歩くことで、足底筋膜などの足裏の軟部組織や指の付け根に地面からの衝撃ストレスが蓄積されていきます。

ですから、外反母趾の方が毎日1万歩ウォーキングしていたとしても、足裏から接地して指の付け根で体重を支えて歩いていれば、かえって足を壊していることになります!『健康のために歩きましょう』とよく言われますが、歩き方を間違えてむやみに歩くと、逆に健康を害する結果となってしまいますので注意して下さい。

 


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

藤接骨院 焼津院のLINE友達登録をして
「ホームページ特典を使用したい」とお伝えください。

※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

(初回検査とは?)
問診・お悩みの相談・姿勢分析などひとりひとりに合わせた提案をさせていただきます

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前9:00~13:00 午後16:00~20:00
土曜日 午前8:00~12:00
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME