坐骨神経痛 腰部脊柱管狭窄症 焼津

坐骨神経痛 腰部脊柱管狭窄症 焼津

 

坐骨神経痛とは

腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを指します。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがあらわれるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

「坐骨神経痛とは」の画像検索結果

原因

年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアが多く

高齢になると、ほとんどが腰部脊柱管狭窄を原因として発症しています。

腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアとも腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれを引き起こします。

腰部脊柱管狭窄とは

「脊柱管狭窄症」の画像検索結果

「背骨(脊椎ともいいます)は、身体を支える役割とともに、脳から背骨に沿って延びてきた神経(脊髄)を守る役割も担っています。

この神経が走っている背骨の隙間のことを「脊柱管」といいます。
腰部脊柱管狭窄(ようぶ せきちゅうかん きょうさく)とは、文字通り、腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態。

50代を超えた中高年に多く見られます。脊柱管が老化などが原因で狭くなり、

神経根や馬尾と呼ばれる部分が圧迫され、下半身に痛みやしびれ、麻痺や間欠跛行(かんけつ はこう)と呼ばれる痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

  • ※神経根:脊髄が分かれて身体の各部分に行く神経の根っこの部分
  • ※馬尾:脊髄の末端の枝分かれした神経の束。馬のしっぽに似ていることから馬尾といわれます。

 

 

坐骨神経痛も原因はあります。あきらめずに

時間をかけて治療していけば良くなっていきます

悩んでいる方がいましたら気軽にお問い合わせください。

 

身体のことなら藤接骨院焼津小川院へご連絡ください

TEL054-639-7772


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME