半月板損傷 焼津 藤接骨院 焼津院

半月板損傷 焼津 藤接骨院 焼津院

こんにちは藤接骨院です

今日は半月板損傷のお話をしていきます

 

まず半月板のある場所は膝にあり詳しくお話をしていくと腿の骨と言われている大腿骨とすねの骨の間にあると言われており、ももと膝の関節のクッションの役割や安定感を出させるためにあると言われています

半月板は膝の両側についてるのですが膝の中央に行くほど薄くなる構造になっており体重を分散させる能力がありますがこのクッションを手術などで削ってしまうと体重でかかる負担が強くなり関節の中の軟骨の性質が変わることがあります

半月板を切除するときの多くは傷ついた半月板を取り除くことが多いと言われています

半月板は血管が通っているので周辺を取り除くことでその後の半月板の修復が可能になります

また半月板の損傷かもしれないなどの膝の痛みは当院で検査することができ検査をしていけばどのような治療が必要か、痛みを抑えていくためには何日間必要かと判別することができるので

膝やそのほかお身体でお困りの方がいればいつでもご相談ください!!


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME