下半身 むくみ 冷え 脚のむくみ 藤接骨院 焼津接骨院 交通事故治療 骨格矯正 骨盤矯正 猫背矯正

下半身 むくみ 冷え 脚のむくみ 藤接骨院 焼津接骨院 交通事故治療 骨格矯正 骨盤矯正 猫背矯正

脚のむくみがひどい方は必見!むくみ解消のポイントとは

女性の身体の悩みのなかでも多いのが、むくみに関するものです。顔や身体のほか、特に脚のむくみは日常よく現れやすい症状ではないでしょうか。ここでは、むくみのメカニズムや体がむくむ原因などについて解説します。脚のむくみがひどくなってしまう原因とその解消方法についても見逃せません。

体がむくむ原因は何?

そもそも体がむくむとは、どういうメカニズムなのでしょうか。むくみは「浮腫(ふしゅ)」ともいい、日常生活でよく見られる症状のひとつです。私たちの身体の約60%は水分で構成されていますが、そのうち3分の2は細胞内に含まれています。残り3分の1は血液など細胞外に存在し、そのほとんどが細胞間液といわれるものです。この細胞間液は全身を巡り、細胞に酸素や栄養素を行き渡らせ、老廃物を除去した後に血液と一緒に心臓に戻り、また全身に送られるというサイクルを繰り返します。むくみは、この細胞間液がうまく血液に戻らない場合に起こります。あるいは血液の循環が悪く、滞った場合や余分な水分を溜め込んでしまった場合もむくみの原因となります。また、心臓へと戻る途中で、戻るための機能が低下した場合にもむくみとなる場合があります。

脚がむくみやすい原因とは

長時間座っていたり、ずっと同じ姿勢をとっていたりした場合などに脚のむくみを感じることがあります。細胞外液は全身を循環していますが、重力に従い下半身に溜まる傾向があります。そういう場合、水分が溜まりやすいのが脚なのです。通常、心臓から送り出された細胞外液は上半身から下半身に運ばれますが、下半身に溜まった水分が上半身に戻るためには、それを助ける働きが必要です。細胞外液を心臓に戻すためのポンプ役となるのが、ふくらはぎです。ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たし、下半身から腎臓のほうに押し上げられます。ふくらはぎの筋肉は、歩いたり走ったりという、そもそもの脚の機能のためだけに使われるのではありません。ふくらはぎの筋肉は脚に溜まりがちな水分をうまく循環させるための、重要なポンプ役の側面もあるのです。

したがって、ふくらはぎの筋肉のポンプ機能が弱まると水分が脚に溜まるため、むくんでしまうのです。

脚のむくみを解消したい!ポイントはふくらはぎだった!

夕方などにきつめの靴に足が入りにくい場合もむくみによるものです。また、海外旅行など長いフライトの場合や、身体を動かすことの少ないデスクワークなどでも脚がむくむことがあります。脚のむくみの原因にはさまざまありますが、これらのむくみの原因は長い時間同じ姿勢を保ち、脚を動かさないことによるものです。そのような場合は、ポンプ機能を司っているふくらはぎの筋肉を使うことによって解消されることがあります。

仕事の関係で頻繁に脚がむくむなど、日頃のむくみの予防、解消をしたいなら、ふくらはぎの筋肉を鍛えることがポイントとなります。また、全身を巡る細胞外液は、脚に限らず全身の筋肉の動きにも影響を受けます。全体的な筋肉量が少ない人はむくみやすいといわれています。女性は男性と比べると筋肉量が少ない傾向にあるため、ポンプ機能が低い可能性があります。筋肉を動かすことと同時に、筋肉をつけるということもむくみ解消には必要と言えるでしょう。

ふくらはぎのマッサージ&ツボ押し方法を紹介

脚のむくみを解消するにはマッサージやツボ押しも有効です。まず、マッサージの方法をいくつかご紹介しましょう。1つ目は、イスに腰かけるか床に座って、ストッキングや靴下の先を「ポンと引っ張ってすぐに離す」を2回繰り返します。すると、足先の詰まっていた感じが解消されます。

2つ目には、イスに腰かけたまま(床に座ったまま)、ひざをピーンと伸ばします。その状態で足の指をムニュムニュと動かしたり、足首をぐるぐる回したりして運動します。その際に「足先」や「ふくらはぎ」にしっかりと力が入り、血液が流れるような感覚をイメージしながら行うとよいでしょう。

3つ目には、腰をそらしてイスの背もたれにそって背中を伸ばします。床なら仰向けに寝て、全身をグッとストレッチしたら終了です。

さらにふくらはぎに効くツボをご紹介します。

1つ目は、 左足のくるぶしに、右手の小指があたるように手のひらをおきます。すると、自然とふくらはぎの3分の1くらいの位置に右手の親指が置かれる状態になります。

2つ目には、その親指の位置から、ひざの方へ向かって親指でふくらはぎを指圧しながら押し進めていくと、ふくらはぎの中央付近に差し掛かる手前のあたりで痛く感じるようなツボがあります。

これらむくみに効くツボを押して、すっきり解消しましょう。

食事からしっかりカリウムを摂ろう!

ふくらはぎの筋肉を動かし、むくみに効くツボを押すことと同時に、食事の面からのアプローチも、むくみ解消には重要です。

むくみを解消する成分として、カリウムが挙げられます。キュウリやバナナ、アボカドなどに含まれるカリウムは、ミネラルの一種です。むくみは塩分の取り過ぎも原因のひとつといわれ、塩分の排出がうまくできていない場合にむくみとなるケースがあります。カリウムは塩分を排出する働きがあるため、むくみを予防するにはよい成分だということが知られています。しかし、カリウムなど、むくみに効果的な成分を毎日食事から摂るのは、なかなか難しいものです。また、カリウムは湯に流出しやすく、調理では十分な量を摂取できないこともあります。そういった場合には、サプリメントを上手に活用することをおすすめします。サプリメントは食事をメインとして目的のものを必要な量だけを摂取するようにすることが大切です。

バランスの取れた食事と運動を心がけて脚のむくみをすっきり解消しましょう。


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

藤接骨院 焼津院のLINE友達登録をして
「ホームページ特典を使用したい」とお伝えください。

※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

(初回検査とは?)
問診・お悩みの相談・姿勢分析などひとりひとりに合わせた提案をさせていただきます

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前9:00~13:00 午後16:00~20:00
土曜日 午前8:00~12:00
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME