ランナー膝 藤接骨院 焼津接骨院 交通事故治療 骨格矯正 骨盤矯正 猫背矯正 ハイボルト治療

ランナー膝 藤接骨院 焼津接骨院 交通事故治療 骨格矯正 骨盤矯正 猫背矯正 ハイボルト治療

腸脛靭帯炎(ランナー膝)を根本的に治して躊躇なく自分に挑むための治療方法

腸脛靭帯炎の痛みがなかったらどんなチャレンジをしますか?

走り始めると膝が痛くなってしまって思うように走れない。この痛みさえなければ。自分の目指す目標に向かう気持ちはあるのに体が先に悲鳴をあげてしまう。そんな状態ではないでしょうか?

 

走るたびに痛みを繰り返していると、走ったら痛くなってしまうイメージがついてしまって、全力で走ることへの自信もなくなってしまいます。

でも、大丈夫です。腸脛靱帯炎は必ず治る症状です。もちろん、今はまだ本当に治るのか?という気持ちでいっぱいだと思います。

あなたは、腸脛靭帯炎の痛みがなかったらどんなチャレンジをしますか?

ぜひ、そのチャレンジは諦めないでください。あなたがそのチャレンジをしたいと思い、行動をすればきっとできますよ。

私たちは、あなたが痛みを気にせずに躊躇なく、チャレンジできるようにお手伝いをします。大丈夫です。腸脛靱帯炎は良くなりますよ。

腸脛靭帯炎は、根本的な原因を解消すれば必ず良くなります

あなたの腸脛靱帯炎が治っていない理由は、根本的な原因が解消されていないからです。根本的な原因が解消されれば、どんな状態の腸脛靱帯炎でも改善していきます。

 

腸脛靱帯炎は、膝の外側に痛みがでる症状ですが、走った時・走った後に痛みが出たり、ある一定の距離まで走ると痛みが出る方もいます。また、痛みが出ても休むとある程度良くなって、走り始めるとまた痛くなることを繰り返す症状でもあります。

 

病院や整形外科に行くと、腸脛靱帯炎の原因は、「使いすぎ」「オーバーワーク(練習などのやりすぎ)」と言われ、ランナーに多い怪我から、別名「ランナー膝・ランナーズニー」とも呼ばれます。

 

ですから、一般的な治療方法は、安静にして、アイシング、湿布、電気治療、マッサージ、ストレッチを行います。

 

しかし、これらをやっても腸脛靱帯炎が良くならないのは、腸脛靱帯炎の根本的な原因に働きかけができていないからです。

腸脛靱帯炎の原因は、筋肉の硬さ

もう少し、詳しく原因について説明していきます。下の図を見てください。

 

赤い丸の部分が腸脛靭帯炎で痛みが起きやすい場所です。図の中の赤い部分(大腿骨外側上顆)と腸脛靭帯が使いすぎ(ひざの曲げ伸ばしのしすぎ)でこすれあうことで炎症が起きて痛くなる。というのが、一般的に言われている原因です。

 

しかし、本来、腸脛靭帯は骨とこすれあうようには出来ていません。ある程度の柔軟性、弾力があるためこすれにくく、こすれても簡単には炎症は起きないようになっているはずです。

大腿筋膜張筋やおしりの筋肉が硬くなると、つながっている「腸脛靭帯」は硬くなった筋肉に引っ張り続けられて、ギターの弦のように張っていきます。

つまり、ギターの弦のように張っている状態でひざの曲げ伸ばしなどの動作をすると、骨とこすれやすくなり、痛みが起きるのです。

ですから、この腸脛靱帯を張らせている原因の筋肉の硬さを解消することができれば、痛みは改善されていきます。


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページ特典を使用したい」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。
※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

(初回検査とは?)
問診・お悩みの相談・姿勢分析などひとりひとりに合わせた提案をさせていただきます

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前9:00~13:00 午後16:00~20:00
土曜日 午前8:00~12:00
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME