オスグッド 成長痛 学生

オスグッド 成長痛 学生

オスグッドシュラッター病とは

オスグッド・シュラッター病は、

サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする中学生や高校生に多く見られる、

膝の下が出っ張って痛むという軟骨炎症です。オスグッド・シュラッター症候群ともいいます。

スポーツをやっていた人は知ってる人も多いのではないでしょうか? このオスグッドは成長痛とも言われ、小学生〜中学生に多く発症します。

「オスグッドって成長痛なの?」という声をよく聞きます。

たしかに骨端線が閉じる前の成長期に発症するものなので成長痛といえば成長痛ですが、「成長痛だから治らない。仕方ない。」というわけではありません。

当然ながらオスグッドは「発症する子」と「しない子」がいます。

単に成長痛というのならば多くの子に発症してもいいはず。しかしそうではない。

そこにはちゃんと原因があります。

 

 

大腿四頭筋(ももの筋肉)の緊張

オスグッドになってしまう一番の原因が
大腿四頭筋の緊張によるものです。というよりほとんどの原因になります。

この筋肉は、主にジャンプをしたり、踏ん張ったり、なにかを蹴ったり、しゃがんだり、そうゆう動作のときに使います。(だからサッカーやバレーボールをする子に発症することが多い)

そしてこの筋肉を使っていくと、筋肉がどんどん緊張状態になっていきます。緊張状態とはつまり縮んで固くなった状態。こうなってくるとキケン信号です。

 

オスグッドになる原因

大腿四頭筋の緊張

オスグッドになってしまう一番の原因が
大腿四頭筋の緊張によるものです。というよりほとんどの原因がコレ。

大腿四頭筋とはココのこと。ももの前の筋肉ですね。

 

大腿四頭筋が緊張してしまう原因

じゃあなぜ大腿四頭筋とやらが緊張状態になってしまうのか?


その原因はさまざまで、その子によってもちがうので、実際に目の前で診察してみないと分からないところではあるのですが、ぼくが診てきた中での大きな3つの原因を教えます。

①過度な運動

スポーツをやっている子に関して、指導者がスパルタだったり、練習量がものすごかったりすと、その子の筋肉量(キャパ)を超えて使ってしまい、筋肉が固くなりオスグッドを引き起こします。

もともと筋肉量が少ない子なんかは、その運動強度に耐えられなくなるんですよね。

 

②ストレッチ不足

これはケアが不足していることによるものですね。先ほど書いたように筋肉は使うと縮みます。そしてそのまま放置しておくと緊張状態が続き、固くなっていき、オスグッドを引き起こします。

なのでストレッチをして縮んだ筋肉を伸ばしてあげる必要があるんですね。しかしスポーツ後にめんどくさくてストレッチをしない子が多いのが現状。指導者の問題でもあると思いますが自宅などでは親御さんが管理してあげましょう


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページ特典を使用したい」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。
※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

(初回検査とは?)
問診・お悩みの相談・姿勢分析などひとりひとりに合わせた提案をさせていただきます

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前9:00~13:00 午後16:00~20:00
土曜日 午前8:00~12:00
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME