インナーマッスル 体幹運動 腰痛 ギックリ腰 藤接骨院 焼津小川院

インナーマッスル 体幹運動 腰痛 ギックリ腰 藤接骨院 焼津小川院

こんにちは、今回は腰痛についてお話します。

腰痛は誰もが患う可能性のある悩みの1つです。

腰痛の改善には、インナーマッスルの強化が効果的です。

今回は、腰痛の改善に効果のあるインナーマッスルの強化方法を紹介します。

トレーニングを続けていくことで、腰痛予防にもなるので、ぜひ実践してみてください。

 

①ドローインは腰痛改善はもちろん、ぽっこりお腹の改善やダイエットにも効果的なトレーニングです。もともと腰に問題がある患者さんへの理学療法の一部として生まれた方法で、腹横筋再教育とも言われています。

腹横筋は上半身の重さを支える役割を果たしており、腹横筋を刺激することで、腰にかかる負担や痛みを軽減することが可能です。立って行う方法もありますが、今回は寝ながら行う方法を紹介します。

まずは仰向けになり、膝を立てた状態で腕はお腹の上に置いておきましょう。鼻から息を吸ってお腹を膨らまし、息を吐きながらお腹を床にくっつけるイメージでへこませます。へこませた状態で、30秒間静かに呼吸をしましょう。このセットを5回行います。

 

②ブリッジ、立ち仕事をしていると前かがみになることが多く、腰への負担が大きくなりがちです。ブリッジをすることで、腰への負担をかなり軽減できます。

まず仰向けに寝て、ひざを立てましょう。腕は横に置いて、手のひらは床につけるように置きます。お尻を2秒かけて持ち上げ、肩と足の裏でしっかり支えるようにして3秒間キープしましょう。これを10回行います。

ブリッジは背中の筋肉の中でも脊柱起立筋を鍛えることが可能です。脊柱起立筋は脊髄を守る大切な役割を持っている筋肉なので、鍛えることによって腰回りをより頑丈にしていくことができます。

 

③背中のストレッチ、インナーマッスルの強化に十分な効果があるストレッチです。キャットバックストレッチともいい、イメージとしては猫が寝起きに伸びをする姿勢がぴったりでしょう。

背骨の深層筋肉をほぐして体幹筋を刺激するエクササイズでもあるので、背骨に沿った脊椎起立筋を刺激することができます。

まず床に垂直になるように手とひざをついて四つん這いになり、背中を丸めながら上に向かって引き上げましょう。息を細く吐きつつ、顔がおへそに近づいていくイメージで背中を丸めていきます。

次に、息を吸いながら背中を反らして上と前に伸ばしましょう。両手で床を少し強く押し、前を見るように目線を上にあげ、首を前方に伸ばしてください。これらを繰り返し、3〜5セット行います。

 

インナーマッスルを効率的に鍛える為にもホームケアはもちろん、楽トレもやりましょう。楽トレをやるなら藤接骨院焼津までご連絡下さい。054-639-7772


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

藤接骨院 焼津院のLINE友達登録をして
「ホームページ特典を使用したい」とお伝えください。

※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

(初回検査とは?)
問診・お悩みの相談・姿勢分析などひとりひとりに合わせた提案をさせていただきます

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前9:00~13:00 午後16:00~20:00
土曜日 午前8:00~12:00
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME