ぎっくり腰 腰痛 炎症 安静 疲れ 突然 筋肉 前兆 骨格 負担 十人十色 藤接骨院 焼津小川院

ぎっくり腰 腰痛 炎症 安静 疲れ 突然 筋肉 前兆 骨格 負担 十人十色 藤接骨院 焼津小川院

ぎっくり腰は突然発生するのではなくて前兆がある
一般的にぎっくり腰は、腰椎が瞬間的にずれてしまうことで腰の筋肉が負荷に耐えられなくなって炎症が起こることが原因といわれています。
では、なぜ腰椎が瞬間的にずれてしまうかというと、その直接の原因に関して十人十色で人の数だけ原因があると考えられます。
ただ多くの場合、腰に対して慢性的に負担をかけていることで、腰の筋肉の疲労度がある日突然許容量を超えてしまうため症状が発症するものです。
また、骨格が歪んでいることで筋肉のバランスが悪くなり、それにより筋肉疲労が起こって許容量を超えて起こることもあるのです。
ぎっくり腰というと欧米で「魔女の一撃」と呼ばれているように、何の前兆もなく突然起こってしまうというのが一般的なイメージです。
このように突然攻撃されたかのように発生するのですが、実は先に触れた原因からも分かるように、突然発生するものではなくて何らかの前兆があるものなのです。
つまり、体や筋肉のバランスが崩れて筋肉の疲労度が許容量を超える前に、腰が炎症を起こしかけている前兆という状態があるということです。
では、前兆といえる代表的な症状としては、どのようなものがあるのでしょうか?
前兆としては、腰に突っ張った感じなど変な違和感がある、寝返りをした時に腰に痛みを感じる、長時間同じ姿勢で座っていると腰に痛みを感じるなどがあります。
また、普段あまりしない動作や姿勢をして腰に対して負担をかけてしまった、何となく腰に疲れが溜まっている感じがする、足の裏にしびれを感じるなども前兆として考えられる症状です。
このような症状があるのにそのまま放置していると最終的に発症してしまうのです。
軽い炎症を起こしている前兆を感じた時には、無理をして動かさずに安静を心がけることが必要ですし、できる限り腰に負荷をかけてしまうことは避けるべきです。
症状としては、グキッとした衝撃と共に周辺の神経を圧迫して強烈な痛みが腰周辺を襲うというものです。
その為に、立っていられないほどの痛みにより身動きができなくなることも多くて、自然に痛みが和らぐことを待つかありません。
ただ多少痛みが和らいだとしても日常生活に支障を起こしてしまうことが多いのです。
発症して激痛が起こっている時には、楽な姿勢で安静にしているのが最善の方法で、痛みが落ち着くのを待つことが大切です。
そして痛みがある程度治まって少しずつ動くことが可能になったら、病院を受診して適切な治療を受けることです。
また、痛みが落ち着いたらいつまでも安静にするのではなくて、無理のない範囲で動くように心がけ筋肉をほぐし柔軟にすることです。
それから再発や発生を予防するためには、先に触れた原因からも分かるように、腰の筋肉疲労を放置しないで解消することが大事なのです。
整体や接骨院で治療するとによって腰の筋肉疲労を溜めないようにすることで、ぎっくり腰になることを回避することにつながるのです。

ぎっくり腰でお困りの方は藤接骨院にお任せください。

藤接骨院 焼津小川院 054-639-7772


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「藤接骨院 焼津小川」へのお電話はこちら

住所 〒425-0036 静岡県焼津市西小川8丁目1-7
電話番号 054-639-7772
営業時間 月~金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:00~12:00
受付時間 月~金 午前9:00~11:40 午後15:00~19:40
土曜日 午前8:00~11:40
定休日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 東海道線・西焼津駅より車で10分
駐車場 無料駐車場10台完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME